MANTANWEB(まんたんウェブ)

西島秀俊:原作者からの手紙に感激 「皆さんに見ていただけるのは感無量」

映画
顔を見合わせて笑う西島秀俊さん(左)と佐々木蔵之介さん

 俳優の西島秀俊さんが24日、東京都内で行われた映画「空母いぶき」(若松節朗監督)の公開初日舞台あいさつに登場。原作者のかわぐちかいじさんから「『空母いぶき』封切りに寄せて」と題した手紙が読み上げられると、西島さんは、「感激しました。映画が完成し、先生に素晴らしいお手紙をいただいて、皆さんに(映画を)見ていただけるのは感無量です」とかみしめるように語った。

 西島さんは、かわぐちさんからのメッセージについて、「かわぐち先生の原作はスケールが大きくてテーマも深いので、実写化は難しいと言われている中、今回実写化するということで、企画の段階から高いハードルがたくさんあったと思います」とコメント。「でき上がった作品を見て、自分が平和に毎日楽しく過ごしているのは、平和を守ってくださっている人たちがいることを改めて実感した。映画を見終わり、映画館を出て平和な街を見た時、今の平和の大切さ、かけがえのなさを感じていただけたらうれしい」と呼びかけていた。

 そんな西島さんだが、初日の緊張からかイベント冒頭には、「皆さん、こんばんは……じゃない(笑い)。すみません。(上映後なので)あまり映画の余韻を壊さないようにしたいなと思ったけど、いきなり一言目を間違えたので反省しています」と苦笑い。続いてあいさつした佐々木蔵之介さんが、「皆さん、こんばん……こんにちは(笑い)」といじって、周囲を笑わせていた。舞台あいさつには、本田翼さん、市原隼人さん、深川麻衣さん、藤竜也さん、若松監督も出席した。

 映画は、「沈黙の艦隊」などで知られるかわぐちさん作、惠谷治さん監修で、マンガ誌「ビッグコミック」(小学館)に連載中のマンガが原作。架空の航空機搭載型護衛艦「いぶき」を舞台に、国籍不明の軍事勢力から襲撃を受けた非常事態下の日本において、それぞれのやり方で平和を守ろうとする人々の熱い戦いを描く。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る