MANTANWEB(まんたんウェブ)

板橋駿谷:「なつぞら」“番長”役で脚光 人生初トークショーに感激 “FFJの歌”も熱唱

テレビ
複合施設「二子玉川ライズ」で開催中のイベント「十勝大百貨店」で行われた「なつぞら」のスペシャルトークショーに登場した板橋駿谷さん

 俳優の板橋駿谷(しゅんや)さんが7月14日、複合施設「二子玉川ライズ」(東京都世田谷区)で開催中のイベント「十勝大百貨店」で行われた、広瀬すずさん主演で放送中のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「なつぞら」のスペシャルトークショーに登場した。“番長”こと門倉努を演じて注目を集めた板橋さんは、この日が人生初のトークショーで「1年前だったら、こんなに人が集まってくれない。こんなにたくさんの方に集まっていただいてびっくりしています」と目を丸くしながら感激していた。

 板橋さんは「なつぞら」出演前の心境を「番長といういい役で皆さんの記憶に残らず、話題にならなかったら、芝居をやめるきっかけになると思った」と告白。「これだけいい役をもらえることは一生かかってあるかないか分からないぐらいのこと。ありがたいことに皆さんに楽しんでいただけて、広瀬(すず)さんとか富田望生(みう)ちゃん、山田裕貴君にも会えて、新しい世界を知って面白いことができるようになり、面白いものを皆さんに発信できるようになった。人生の大きな転換期の一つです」と感慨深げに語っていた。

 また前日に同所でトークショーを行った、広瀬さん演じる奥原なつの親友・小畑雪次郎役の山田さんについて「すずちゃんとも話ができ、現場がうまく回ったのは、山ちゃん(山田さんの愛称)のおかげ」と感謝。「山ちゃんにはお世話になっている。よく飲むしサウナに行くし。4日くらい前も収録が一緒で、収録が終わった後にご飯を食べに行きました」と仲のよさをうかがわせた。

 さらに劇中に登場し話題を呼んだ「日本学校農業クラブ連盟(Future Farmers of Japan)」の公式ソング(通称「FFJの歌」)をノリノリで熱唱し会場を盛り上げた。

 「なつぞら」は、100作目の朝ドラで、脚本家の大森寿美男さんのオリジナル作。戦後、北海道・十勝地方に移り住み、移民1世の柴田泰樹から開拓者精神を学んだ奥原なつが、高校卒業後に上京。当時「漫画映画」と呼ばれ、草創期を迎えていたアニメ業界に飛び込み、画家志望の友人・山田天陽から手ほどきを受けたデッサンの腕前を生かし、自然の中での生活で磨かれたみずみずしい感性を発揮していく……というストーリー。

 「十勝大百貨店」は「なつぞら」の舞台にもなった北海道十勝のグルメやコスメ、クラフト作品などをそろえたイベント。「なつぞら」ブースでは出演者の等身大パネルや番組紹介パネルを設置している。15日午前10時半から午後5時まで。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る