MANTANWEB(まんたんウェブ)

有村架純:「ひよっこ」脚本家・岡田惠和は「恩師のような存在」 連ドラでタッグ

テレビ
連続ドラマ「連続ドラマW そして、生きる」の完成披露試写会に登場した有村架純さん

 女優の有村架純さんが7月18日、東京都内で行われた、8月にスタートするWOWOWの連続ドラマ「連続ドラマW そして、生きる」の完成披露試写会に登場した。司会者から脚本を務めた岡田惠和(よしかず)さんが有村さんを「同志」と評したことを伝えられた有村さんは、「岡田さんは映画のデビュー作『阪急電車』からご一緒させていただき、ずっと見守っていてくださっている。自分自身を超える作品をプレゼントしてくださる方であり、(自身が主演したNHK連続テレビ小説)『ひよっこ』で1年間、一緒に戦わせていただいた方。言葉一つでまとめられませんが、岡田さんは恩師のような存在です」と感慨深げに語った。

 同作で、幼少期に両親を亡くして岩手・盛岡で暮らす伯父に引き取られ、女優を志しながらアイドル活動をする生田瞳子を演じる有村さんは、瞳子について「すごく男前な性格だけど、傷つくところは傷ついていて、とても人間らしい女性。彼女として生きるには自分のキャパを超えなければなかったのですが、キャストの方やスタッフの方に助けられながら最後まで演じきることがきました」と回顧。「岡田さんが描いてくださった瞳子という女性は、これまで演じたことのない女性像で、いただいた役柄を精いっぱい、愛すことが岡田さんにも感謝として伝えられる形だと思い、その気持ちを大事に演じました」と感謝の思いを胸に撮影に臨んだことを明かした。

 舞台あいさつには、坂口健太郎さん、知英さん、岡山天音さん、月川翔監督も登場した。

 ドラマは、岡田さんによるオリジナルヒューマンラブストーリー。映画「君の膵臓(すいぞう)をたべたい」の月川監督がメガホンをとる。19歳になった瞳子が東京で開催されるオーディションに挑もうとするが、本番前日の2011年3月11日、東日本大震災が起きる。半年後、瞳子は宮城・気仙沼でのボランティア活動に参加。そこで、学生ボランティア団体の運営メンバーである東京の大学生・清水清隆(坂口さん)と出会う……と展開する。全編6K収録を行い、4K・HDR(ハイダイナミックレンジ)版も制作される。8月4日からWOWOWプライムで毎週日曜午後10時放送。全6話。第1話は無料放送。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る