MANTANWEB(まんたんウェブ)

ノーサイド・ゲーム:第7話 崖っぷちGM大泉洋・君嶋に新たなピンチ エース浜畑が「サイクロンズ」へ?

テレビ
連続ドラマ「ノーサイド・ゲーム」第7話のワンシーン(C)TBS

 俳優の大泉洋さん主演の連続ドラマ「ノーサイド・ゲーム」(TBS系、日曜午後9時)の第7話「裏切り者、現る!? 仲間のための涙の決断!」が8月25日放送される。予告映像には「引き抜きで窮地に!」「エース交代か!?」というテロップと共に、ラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネジャー(GM)・君嶋隼人(大泉さん)が「看板選手引き抜かれたらおしまいだよ」と嘆く姿のほか、「サイクロンズ」の津田三郎監督(渡辺裕之さん)が「アストロズ」の浜畑譲(廣瀬俊朗さん)に「サイクロンズに来い!」と説得する姿が登場する。

 「アストロズ」に、スピードとテクニックを誇る七尾圭太(眞栄田郷敦さん)が加わった。しかし絶対的エースの浜畑とポジションがかぶってしまう。紅白戦で「スタメン組」に勝った「控え組」の七尾と佐々一(林家たま平さん)だったが、練習では、浜畑と里村亮太(佳久創さん)のコンビにやり込められる日々が続く。そんな中、「サイクロンズ」の津田監督が浜畑に接触する。

 一方、君嶋は「トキワ自動車」研究所の星野信輝(入江甚儀さん)から聞いた、タンカー座礁事件と「カザマ商事」のオイルの関係が気になり、星野を訪ねる。星野がオイルと事故の因果関係を調査した森下教授(辻萬長さん)に改めて確認したところ、事故原因とは無関係との結論が出たという。そんな矢先、君嶋は、津田監督と浜畑の密会を見た者がいると聞かされる……。

 原作は、「半沢直樹シリーズ」「下町ロケット」などで知られる人気作家・池井戸潤さんの新作同名小説(ダイヤモンド社)。大手自動車メーカー「トキワ自動車」で働いていたが工場に左遷され、低迷中のラグビーチーム「アストロズ」のGMを兼務することになった君嶋が、自身とチームの再起に挑む姿を描く。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る