ウィル・スミス:“若い自分”との共演「本当に奇妙な感じ」 菅野美穂からの質問に応じる

映画
映画「ジェミニマン」のジャパンプレミアに登場した(左から)山寺宏一さん、江原正士さん、菅野美穂さん、ウィル・スミスさん、アン・リー監督、ジェリー・ブラッカイマーさん

 俳優のウィル・スミスさんが10月17日、東京都内で行われた主演映画「ジェミニマン」(アン・リー監督、10月25日公開)のジャパンプレミアに、リー監督、ジェリー・ブラッカイマーさん、吹き替え版で声優を務めた菅野美穂さん、江原正士さん、山寺宏一さんらと共に登場した。スミスさんはレッドカーペットで写真撮影やサインなど、約50分にわたってファンサービスに応じた。

 今作は、引退を決意した伝説のスナイパーであるヘンリーが正体不明の暗殺者に狙われ、その正体が若き日の自分のクローンと知ったことで巻き込まれる騒動を描いている。現代のスミスさんと最新技術により実現した“23歳のウィル・スミス”の共演が話題を集めている。

 23歳の自身との共演について、スミスさんは「今は年と共に経験も積んで、それが体に蓄積されている。だからこの若い、(23歳の)ジュニアという役を演じるにあたって、彼の無邪気さ、純粋さを出すのが大変でした」とその苦労を語った。

 また、菅野さんから「共演相手が自分自身っていうのはどのような心持ちでしょうか?」と聞かれると、「本当に奇妙な感じだった」と答え、「演技をしているときは、相手が俳優やスタントマンだったり、何もない空間で演じていたりした。初めてジュニアの役を見たのは撮影が8カ月ぐらい進んだときで、そのときはものすごくショックだった。とにかく素晴らしい体験で、リー監督は映画という美術を未来に発信していると思います」と撮影を振り返った。

 映画は、引退を決意した伝説のスナイパーのヘンリーが何者かの襲撃を受け、自身の監視役だった潜入捜査官のメアリー演じるダニーと行動を共にするうちに、襲撃者の正体がヘンリー自身のクローンである事実を突き止める。2人はクローンを作る謎の秘密機関「ジェミニ」の陰謀に巻き込まれ……というストーリー。菅野さんはダニー、江原さんはヘンリー、山寺さんはクローンの声を担当する。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る