松下奈緒:今年は「ねずみ年なので無我夢チュー」と抱負

1月9日スタートの連続ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」の完成披露試写会に登場した松下奈緒さん
1 / 1
1月9日スタートの連続ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」の完成披露試写会に登場した松下奈緒さん

 女優の松下奈緒さんが1月6日、東京都内で行われた主演連続ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」(フジテレビ系、木曜午後10時)の完成披露試写会に登場。ハート形の色紙に、今年の抱負として「無我夢中」と書いた松下さんは「今年はねずみ年なので、“無我夢チュー”!!」とだじゃれを交えて発表した。

 同作は、2人に1人が生涯のうちにかかるといわれている“がん”をテーマとした完全オリジナルの医療ドラマ。腫瘍内科というがんに特化した診療科を舞台に、今の医療現場に最も求められているがんのスペシャリストたちの戦いと苦悩を描く“メディカル・ヒューマン ストーリー”。松下さんが腫瘍内科医の恩田心を演じる。

 試写会には、心とバディーを組む、有能な消化器外科医の梶山薫役の木村佳乃さん、研修医の結城涼役の清原翔さん、同じく研修医の夏樹奈海役の岡崎紗絵さん、腫瘍内科医の光野守男役の藤井隆さん、腫瘍内科の部長・阿久津晃役の木下ほうかさんも出席。

 白衣姿で登場した松下さんは、撮影について「気を使う方がいなくて和気あいあい。医療がテーマとなっていますが、真剣な場面あり、笑いもありとメリハリがある」と明かし、にっこり。がんを患う患者の心に寄り添おうとする心を演じることには「(内科医ということから)手術をしないので、難しいことだらけ。患者さんと向き合って話をする。だけど、メンタルを強く持っていないと、(病気に悩む)患者さん(の姿)に負けてしまいそうになる。患者さんとの距離感に気をつけています」と明かしていた。

 「アライブ がん専門医のカルテ」は1月9日午後10時から放送。初回は15分拡大版。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る