麒麟がくる:早くもパワーワード! 「本能寺」登場にSNS沸く 可愛すぎる“竹千代”にも反響

テレビ
2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」第4回に登場した竹千代(岩田琉聖君)

 俳優の長谷川博己さんが主演を務める2020年のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」(総合、日曜午後8時ほか)の第4回「尾張潜入指令」が2月9日に放送され、物語の終盤に「本能寺の変」でおなじみの京の寺「本能寺」の名前が浮上。SNSが大いに沸いた。

 第4回「尾張潜入指令」では、今川との戦いで尾張の織田信秀(高橋克典さん)は瀕死の重傷を負う。その知らせを受けた斎藤道三(本木雅弘さん)は、妻の治療を終え今度は尾張へ向かうという東庵(堺正章さん)に、天敵・信秀の容体を秘密裏に探るように命じる。その目付け役に任命される光秀(長谷川さん)。菊丸(岡村隆史さん)もお供に加わり、尾張・古渡城へと潜入し、信秀の情報をうまく聞き出すことに成功する……。

 無事、ミッションをやり遂げた光秀に上機嫌の道三は、鉄砲について興味深い話があるから「明朝、再び登城せよ」と命ずる。翌朝、城にやってきたのは常在寺の住職で、道三や光秀を前にし、「京の都に本能寺という寺がございます」と切り出すと、「近頃、本能寺は種子島にある末寺を通じて、ひそかに鉄砲を作らせている」と語る……という展開。

 すると視聴者は「え、本能寺? もう?」「いま本能寺っつった? ヒイ…」「もうそのパワーワード出てきちゃうの!?」「前フリが早い!」などと反応。さらに「本能寺で鉄砲!」「京の火薬庫本能寺」「ここから伏線しいてる?」「これは本能寺の変、銃撃戦フラグ」「あーだから本能寺は爆発するんですね」「敵は本能寺にあり!」と盛り上がりを見せた。

 また同回では、尾張・古渡城で光秀(と菊丸)が竹千代(のちの徳川家康)と出会うシーンも描かれた。竹千代を演じたのは子役の岩田琉聖君で、「竹千代キター!!」「かっっっわ!」「かわ、可愛い…! 竹千代ちゃん…!」「竹千代かわゆいんですど!?!?!?」「史上最大級にかわゆい家康登場」と視聴者の心をわしづかみに。「こんな可愛い少年があんな狸ジジイになってしまうのか」「こんなかわゆいこが、将来狸爺に」「これが将来、津川雅彦になるのか(なりません)」「これがのちに、家康となり、田畑政治になるのか」など、一般的なイメージや過去に家康を演じた俳優と絡めて、成長を憂う(?)声も上がっていた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る