麒麟がくる:“松永久秀”吉田鋼太郎 初の大がかりな立ち回りに緊張? 本番のアクションチーム には「話が違うじゃねーか!」

テレビ
NHK大河ドラマ「麒麟がくる」松永久秀を演じる吉田鋼太郎さん (C)NHK

 俳優の長谷川博己さんが主演を務めるNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」(総合、日曜午後8時ほか)の第6回「三好長慶襲撃計画」が2月23日に放送された。同回では、松永久秀(吉田鋼太郎さん)と三好長慶(山路和弘さん)の暗殺計画が浮上し、2人を救うため、光秀(長谷川さん)、三淵藤英(谷原章介さん)、細川藤孝(眞島秀和さん)が奮闘。久秀役の吉田さんが、久秀、三好、光秀、藤孝による立ち回りシーンを振り返った。

 吉田さんは「初めての大がかりな立ち回りでしたので、わくわくしたり、緊張したりしていました」と明かす。

 また「僕らは立ち回りについては素人なので、リハーサルでは、(立ち回り専門の)アクションチームの方たちが割と動きをこちらに合わせてくれるのですが、本番になったとたん、動きの速さが1.5倍になるんですよ! 『おいおい、話が違うじゃねーか!』って」と振り返りつつ、「恐ろしい思いをしましたが、とても楽しかったです。このシーンでは、長谷川博己さん、谷原章介さん、眞島秀和さんと一緒でしたので、楽屋がとても盛り上がっていました。『みんなで集まれてうれしいね。飲みに行きたいね』なんて、話をしていました」と撮影エピソードを語った。

 「麒麟がくる」は59作目の大河ドラマ。1991年放送の「太平記」などで知られる池端俊策さんのオリジナル脚本。若いころ、下克上の代名詞・美濃の斎藤道三を主君として勇猛果敢に戦場を駆け抜け、その教えを胸に、やがて織田信長のもとで、多くの群雄と天下をめぐって争う智将・明智光秀が主人公。ドラマでは謎めいた光秀の前半生に光を当て、戦国の英傑たちの運命も描くエネルギッシュな群像劇となる。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る