麒麟がくる:“駒”門脇麦が語る「帰蝶の願い」 十兵衛との会話シーン「切なく、お二人の後ろ姿がとても印象に」

2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」でヒロイン・駒を演じる門脇麦さん (C)NHK
1 / 12
2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」でヒロイン・駒を演じる門脇麦さん (C)NHK

 俳優の長谷川博己さん主演のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」(総合、日曜午後8時ほか)の第7回「帰蝶の願い」が3月1日に放送された。同回では駒(門脇麦さん)と帰蝶(川口春奈さん)が“女子トーク”を繰り広げるシーンもあり、門脇さんは「お化粧のシーンは2人とも、おしろいで顔を真っ白に塗っていたのでなんだかおかしくて。でもその姿の帰蝶様がまたとても美しくて。だからこそ余計にそのあとの十兵衛様(光秀、長谷川さん)との会話のシーンが切なく、お二人の後ろ姿がとても印象に残っています」と振り返った。

 第7回「帰蝶の願い」では、駿河の今川義元(片岡愛之助さん)の動きに脅かされた織田信秀(高橋克典さん)が、美濃の斎藤道三(本木雅弘さん)と和議を結ぶことを決める。そのために娘の帰蝶(川口さん)を、嫡男・信長(染谷将太さん)の妻に迎え入れたいと申し出る。

 旅から明智荘に帰った光秀を、帰蝶が待ち構えていた。幼なじみで、ほのかな恋心を抱く光秀に、今回の尾張への輿(こし)入れをやめてほしいと頼む。一方、道三からは口をきかなくなった帰蝶を説得するように命じられる……と展開した。

 「麒麟がくる」は59作目の大河ドラマ。1991年放送の「太平記」などで知られる池端俊策さんのオリジナル脚本。若いころ、下克上の代名詞・美濃の斎藤道三を主君として勇猛果敢に戦場を駆け抜け、その教えを胸に、やがて織田信長のもとで、多くの群雄と天下を巡って争う智将・明智光秀が主人公。ドラマでは謎めいた光秀の前半生に光を当て、戦国の英傑たちの運命も描く、エネルギッシュな群像劇だ。

写真を見る全 12 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る