麒麟がくる:信長役・染谷将太が光秀との“出会い”語る 魚をさばくシーンは「得体の知れない若者」を表現

テレビ
NHK大河ドラマ「麒麟がくる」第8回のワンシーン 魚をさばく織田信長(染谷将太さん) (C)NHK

 俳優の長谷川博己さんが主演を務めるNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」(総合、日曜午後8時ほか)の第8回「同盟のゆくえ」が3月8日に放送され、染谷将太さん演じる織田信長が本格的に登場。光秀(長谷川さん)との“出会い”も描かれた。

 信長役の染谷さんは、魚をさばくシーンについて「事前にさばく練習をしましたが、大きな魚でしたね。包丁一本で大きな魚をさばく、ニヤニヤした男……得体の知れない、何者だかよく分からない若者という感じにしようということで、演じていて楽しかったです」と明かしている。

 さらに「光秀とは目が合ったのか合っていないのか、この2人の間にはどういう感情がぶつかっているのか、と、ここから始まるドラマをあおるシーンでしたので、ここから何が起きていくのか、演じていて僕自身もワクワクしました。長谷川博己さんと(菊丸役の)岡村隆史さんとは、たき火で暖をとりながら、3人で談笑していましたね」と撮影中について振り返った。

 「麒麟がくる」は59作目の大河ドラマ。1991年放送の「太平記」などで知られる池端俊策さんのオリジナル脚本。若いころ、下克上の代名詞・美濃の斎藤道三を主君として勇猛果敢に戦場を駆け抜け、その教えを胸に、やがて織田信長のもとで、多くの群雄と天下を巡って争う智将・明智光秀が主人公。ドラマでは謎めいた光秀の前半生に光を当て、戦国の英傑たちの運命も描く、エネルギッシュな群像劇となる。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る