来週のスカーレット:第24週「小さな希望を集めて」 武志のドナーはなかなか見つからず… 喜美子、圭介と30年ぶり再会!? 

テレビ
NHK連続テレビ小説「スカーレット」第24週の一場面(C)NHK

 戸田恵梨香さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「スカーレット」(総合、月~土曜午前8時ほか)は、3月16日から第24週「小さな希望を集めて」に入る。

 息子・武志(伊藤健太郎さん)のために検査を受けるも、骨髄移植のドナーにはなれなかった喜美子(戸田さん)と八郎(松下洸平さん)。喜美子は医師の大崎(稲垣吾郎さん)から「患者の会」があると聞き、同じ病気の高校生を持つ母親を会に誘って励まそうとするが、思わぬ結果となる。また、真奈(松田るかさん)ら若者たちも検査を受け、ちや子(水野美紀さん)も協力を申し出てくれたが、誰も適合しなかった。武志はあえて真奈と距離を取っていたが、訪ねてきた真奈のふとした忘れ物がきっかけで、陶芸のアイデアを得る。

 そんな折、大阪時代に世話になった、さだ(羽野晶紀さん)と圭介(溝端淳平さん)が喜美子の元へやってきて、圭介と喜美子は30年ぶりに再会する。小児科医となった圭介は、医学の進歩に触れ、喜美子を励ます。やがて武志は体のためにアルバイトを辞め、陶芸に専念することに。直子(桜庭ななみさん)のみやげで、若者たちを招いてすっぽん鍋を食べる。武志と真奈の仲をもどかしがる直子。ある日、喜美子は穴窯から、出来上がった作品を出していた。母の自然釉(ゆう)の作品を見つめていた武志は……。

 「スカーレット」は、101作目の朝ドラ。焼き物の里・信楽を舞台に、女性陶芸家の草分けとなる究極の“働き女子”川原喜美子の波瀾(はらん)万丈の人生を描く。脚本を人気ドラマ「ホタルノヒカリ」シリーズなどで知られる水橋文美江さんが手がけ、語り(ナレーション)をNHKの中條誠子アナウンサーが担当。主題歌は、ボーカリスト越智志帆さんのソロユニット「Superfly」のオリジナルソング「フレア」。

 第23週「揺るぎない強さ」では、母としての覚悟を固めた喜美子は、自分の体調に不安を募らせる武志に病名を告げると、元夫の八郎や妹の直子らにも武志の病名を明かし、ドナー検査を受けることをお願いする。やがて武志の入院生活が始まり、喜美子もそばで支えようとするが……という展開だった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る