麒麟がくる:“可愛すぎる竹千代”が見せた片りん 信長とのやりとりに視聴者「ゾクゾク」 子役・岩田琉聖君に称賛の声

テレビ
NHK大河ドラマ「麒麟がくる」第10回のワンシーン 岩田琉聖君が演じる竹千代(中央) (C)NHK

 俳優の長谷川博己さんが主演を務めるNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」(総合、日曜午後8時ほか)の第10回「ひとりぼっちの若君」が3月22日に放送され、子役の岩田琉聖(りゅうせい)君が演じる“可愛すぎる竹千代”が、後の天下人・徳川家康としての片りんを見せるシーンがあった。

 第10回「ひとりぼっちの若君」では、京を訪れていた旅芸人の一座と遭遇した駒(門脇麦さん)は、戦災孤児だった自分を拾い、育ててくれた女座長・伊呂波太夫(尾野真千子さん)と再会する。その年末、今川義元(片岡愛之助さん)が尾張の国境に侵攻してくる。

 今川は、織田信秀(高橋克典さん)の元に人質として置かれていた三河松平家の嫡男・竹千代(琉聖君)の引き渡しを要求。斎藤道三(本木雅弘さん)は広い三河を今川に押さえられることに危機感を覚える。光秀(長谷川さん)は帰蝶(川口春奈さん)を通して動向を探るべく那古野城へ遣わされたところ、信長(染谷将太さん)と出会う……。

 この日は竹千代と信長が将棋盤を挟んで対峙(たいじ)。信長が竹千代の父・松平広忠(浅利陽介さん)を討ったことについて、竹千代は「父上は母上を離縁し、岡崎から追い払い、今川義元に付いたのです。私は大嫌いでした。それゆえ、討ち果たされたのは、致し方ないことと思うています」ときっぱり。

 さらに、竹千代を今川の元に行かせたくない信長を前に、「今川は敵です。いずれ、討つべきと思うております。しかし、その敵の顔を見たことがありません。懐に入り、見てみたいと思います。敵を討つには、敵を知れと申します」と持論を披露すると、「信長様がお迷いなら、私はどちらでも構いませぬ」と心の内を明かす。

 SNSでは「やはりただ者ではない竹千代」「竹千代、末恐ろしい」「こんなに可愛らしいのに父親を殺されてよかったって、まことに恐ろしい子」「ゾクゾクしたわ、将棋のシーン」などの声が上がったほか、「めちゃくちゃ天下人の素質バリバリ」「これは間違いなく東照大権現となる男」「竹千代の年齢に見合わない聡明さにガチで震えた」「天下人になるべくしてなる人物」などの意見も多かった。

 また、竹千代役の琉聖君の演技については、「つうか、竹千代役の子、達者すぎだろ!」「竹千代役の子役さんすごすぎない?」「NHKはどこからこういう子役を発掘してくるわけ?」「染谷将太くんと竹千代くんの子役に圧倒された」「難しいせりふをスラスラとしゃべる天才子役だな」と称賛する言葉が並んだ。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る