麒麟がくる:“可愛すぎる竹千代”岩田琉聖君 将棋盤が重くて腕と膝「プルプル」? 信長様のオーラに「緊張」も…

テレビ
NHK大河ドラマ「麒麟がくる」第10回のワンシーン 将棋盤を挟んで向かい合った竹千代(岩田琉聖君)と信長(染谷将太さん) (C)NHK

 俳優の長谷川博己さんが主演を務めるNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」(総合、日曜午後8時ほか)の第10回「ひとりぼっちの若君」が3月22日に放送された。竹千代(後の徳川家康)を演じている子役の岩田琉聖(りゅうせい)君がドラマの公式ツイッターでコメントを発表。「将棋盤がすごく重くて、(染谷将太さん演じる)信長様の前でゆっくり下ろすときは、腕と膝がプルプルしました。あと、将棋のコマを動かす順番が決まっていて、それをせりふと一緒に覚えるのが大変でした。信長様のオーラはすごくて緊張したけど、ちゃんとできてうれしかったです」と振り返った。

 第10回「ひとりぼっちの若君」では、京を訪れていた旅芸人の一座と遭遇した駒(門脇麦さん)は、戦災孤児だった自分を拾い、育ててくれた女座長・伊呂波太夫(尾野真千子さん)と再会する。その年末、今川義元(片岡愛之助さん)が尾張の国境に侵攻してくる。

 今川は、織田信秀(高橋克典さん)の元に人質として置かれていた三河松平家の嫡男・竹千代(琉聖君)の引き渡しを要求。斎藤道三(本木雅弘さん)は広い三河を今川に押さえられることに危機感を覚える。光秀(長谷川さん)は帰蝶(川口春奈さん)を通して動向を探るべく那古野城へ遣わされたところ、信長(染谷さん)と出会う……と展開した。

 琉聖君は同回で共演した染谷さん、川口さんらについて、「役者さんのオーラがすごく、『本番!』という一声で空気がガラッと変わりました。すごい方々と撮影をさせてもらっていると実感しました」と語っていた。

 「麒麟がくる」は59作目の大河ドラマ。1991年放送の「太平記」などで知られる池端俊策さんのオリジナル脚本。若いころ、下克上の代名詞・美濃の斎藤道三を主君として勇猛果敢に戦場を駆け抜け、その教えを胸に、やがて織田信長のもとで、多くの群雄と天下を巡って争う智将・明智光秀が主人公。ドラマでは謎めいた光秀の前半生に光を当て、戦国の英傑たちの運命も描く、エネルギッシュな群像劇だ。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る