M 愛すべき人がいて:田中みな実が三浦翔平にブドウをぐいぐい 嫉妬する姿に「怖すぎ」「ヒヤヒヤ」 

テレビ
連続ドラマ「M 愛すべき人がいて」第2話の場面写真(C)テレビ朝日/ABEMA

  歌手の安斉かれんさん、俳優の三浦翔平さんダブル主演の連続ドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系、土曜午後11時15分/ABEMAで全話独占配信)の第2話が4月25日に放送された。マサ(三浦さん)がアユ(安斉さん)に肩入れしすぎることに、眼帯姿の謎めいた秘書・姫野礼香(田中みな実さん)が不満を募らすシーンがあり、SNSでは「田中みな実が怖すぎ」「ヒヤヒヤする」などの反響があった。

 ドラマは、“歌姫・浜崎あゆみ”の誕生まで、そして秘められた出会いと別れを描いた小松成美さんの同名小説(幻冬舎文庫)が原作。脚本は鈴木おさむさんが手がけた。ドラマの主題歌は浜崎さんの「M」。

 第2話では、マサの設立した「A VICTORY」から歌手デビューを目指すことになったアユは、3カ月間ニューヨークでレッスンを受ける。そのころ日本では、マサが部下の流川翔(白濱亜嵐さん)に、ガールズグループのプロデュースを任せることに。3カ月後、帰国したアユは、流川プロデュースのガールズグループのメンバー候補たちとの合宿に参加する……という展開が描かれた。

 マサがアユに会うためニューヨークへ渡航したことを知った礼香が、「アユにほれているってことはないんだよね?」と問うと、マサは「アユは俺にとって大事な商品だ」と否定。なおも礼香は「そうですよね。商品に手を出すなんて最低だもんね!」と語気を強め
、マサに接近。「マサは私の目になってくれるって約束したもんね」と言って、手に取ったブドウをマサの顔にぐいぐいと当てて、嫉妬をあらわにしていた。

 SNSには「田中みな実こえええええ」「ぶどうを持った田中みな実さんがただただ怖かった」といった反応や、「いいぞもっとやれ」「田中みな実がすべてかっさらうw」「昔の大映ドラマっぽくてイイぞ」「毎回見て笑ってまうwww田中みな実面白すぎ」「突っ込みどころ満載! 田中みな実やばすぎ」などの意見があった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る