M 愛すべき人がいて:靴に画びょう… かつての「大映ドラマ」感が話題 SNS「令和の時代に何を見させられてるのか」

テレビ
連続ドラマ「M 愛すべき人がいて」第2話の場面写真(C)テレビ朝日/ABEMA

  歌手の安斉かれんさん、俳優の三浦翔平さんダブル主演の連続ドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系、土曜午後11時15分/ABEMAで全話独占配信)の第2話が4月25日に放送された。デビューするために合宿に参加するアユ(安斉さん)が、同じくデビューを目指すガールズグループのメンバーたちから嫌がらせを受ける、かつての「大映ドラマ」をほうふつとさせるシーンがあり、SNSで話題となった。

 ドラマは、“歌姫・浜崎あゆみ”の誕生まで、そして秘められた出会いと別れを描いた小松成美さんの同名小説(幻冬舎文庫)が原作。脚本は鈴木おさむさんが手がけた。ドラマの主題歌は浜崎さんの「M」。安斉さんは、後に「平成の歌姫」と呼ばれ、女性たちのカリスマとして君臨するアーティストのアユ、三浦さんは、レコード会社「A VICTORY」を設立した名プロデューサー、マックス・マサを演じる。

 第2話では、マサの設立した「A VICTORY」から歌手デビューを目指すことになったアユは、3カ月間ニューヨークでレッスンを受ける。そのころ日本では、マサが部下の流川翔(白濱亜嵐さん)に、ガールズグループのプロデュースを任せることに。3カ月後、帰国したアユは、流川プロデュースのガールズグループのメンバー候補たちとの合宿に参加する。

 しかし、合宿の参加者である理沙(久保田紗友さん)たちの前に、アユへの嫉妬をあらわにした眼帯姿の謎めいた秘書・姫野礼香(田中みな実さん)が現れ、「このままでいいんですか? しつこいですよ、ゴキブリみたいに」とそそのかす。合宿参加者たちはアユを脱落させるため、アユに足をかけて転ばせる、靴の中に画びょうを入れる、ダンスレッスン中で体を当てるといったい嫌がらせが行われる。さらに、浴場の床タイルに石けんが塗りたくられ、転倒してしまったアユは、肩を脱臼したまま合宿最終日に参加する。

 脱臼状態で10本のペットボトルを背負って、マラソンをするアユ。追い打ちをかけるように雨が降ってきて、めげそうになったアユの目の前にマサが現れ、「負けないって言ったよな。お前が本気で泣いて、本気で苦しむのはこんなところじゃないだろう! 今を見るな! 未来を想像するんだよ! 俺を信じろアユ、走れー!」と熱っぽく説得。マサの言葉に後押しされ、アユが試練に打ち勝つ……という展開が描かれた。

 SNSでは「80年代黄金の大映ドラマみたい」「『M 愛すべき人がいて』って『スチュワーデス物語』と同じ構図の気がしてきた」「あの古臭い感じは大映ドラマ見てた世代には懐かしい」「ジェットコースタードラマ的な『キワモノ』っぽくて、がぜん興味がわいてきた」「昭和の昼メロ感がたまらんw」「ここまで突き抜けてくれると面白い」「この令和の時代に何を見させられてるのか」と盛り上がりを見せている。

 なお「M 愛すべき人がいて」は、「角川大映スタジオ」が制作協力している。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る