麒麟がくる:「大きな国を作るのじゃ」 かっこよすぎる本木道三の“遺言”に「震えた」「涙出た」

テレビ
NHK大河ドラマ「麒麟がくる」第16回のワンシーン (C)NHK

 俳優の長谷川博己さん主演のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」(総合、日曜午後8時ほか)第16回「大きな国」が5月3日に放送され、本木雅弘さん扮(ふん)する斎藤道三が、長谷川さん演じる光秀に思いを託すシーンに視聴者の注目が集まった。

 第15回「道三、わが父に非(あら)ず」(4月26日放送)で対立が決定的となった道三と、道三の嫡男・高政(伊藤英明さん)。第16回「大きな国」では、国を二分する戦を止めようと光秀は奔走するも、その願いむなしく、高政を討つべく道三は出陣を決める。

 自分のところへとやってきた光秀を前に道三は、土岐頼芸(尾美としのりさん)が本当の父親だと言いふらしている高政を例に、「人の上に立つ者は正直でなくてはならぬ。偽りを申す者は必ず人を欺く。そして、国を欺く。決して国は穏やかにならぬ」と言い聞かせると、「わしはケチだが、それをわしは隠したことはない。そうは思わぬか?」と問いかける。

 さらに光秀に「そなたは正直者だ。それでよい」と伝えると、自らを「老いぼれ」と呼びつつ、高政に家督を譲ったことを「間違い」と認め、「間違いは正さなくてはならぬ」と決意を告白し、光秀の制止を振り切り出陣の声を上げる。

 最後に光秀に振り返った道三は、後光を浴びながら「わしの父親は山城の国からきた油売りで、美濃に居つき大を成した。わしによう申しておった。美濃も尾張もない、皆一つになればよい。近江も大和も。さすれば豊かな大きな国となり、誰も手出しはできぬ。わし一代ではできなかったが、お前はそれをやれと。わしも美濃一国で終わった。しかし、あの信長という男は面白いぞ。あの男から目を離すな。信長となら、そなたやれるやもしれぬ。大きな国を作るのじゃ。誰も手出しできぬ、大きな国を」と思いを託すと、「さらばじゃ」との言葉を残して、光の中に消えていく……。

 SNSでは「うわあ(涙)」「何という悲しい戦」「これは光秀に対しての道三からの遺言……」「今回のサブタイ『道三の遺言』でもよかったかもしれない」「激アツ展開すぎて涙涙……」などと視聴者は反応。さらに「道三、かっこよすぎるじゃろ」「モックン、超カッコいい」「道三がかっこよすぎて涙出てきた」「分かってはいたが心が震えた」「本木雅弘さんの熱演する姿、震えるぐらい感動した」「スーパー道三様タイム最高だった!」といった声が次々と上がった。

 「麒麟がくる」は59作目の大河ドラマ。1991年放送の「太平記」などで知られる池端俊策さんのオリジナル作。若いころ、下克上の代名詞・美濃の斎藤道三を主君として勇猛果敢に戦場を駆け抜けると、その教えを胸に、やがて織田信長のもとで、多くの群雄と天下を巡って争う智将・明智光秀が主人公。ドラマでは謎めいた光秀の前半生に光を当て、戦国の英傑たちの運命も描く、エネルギッシュな群像劇だ。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る