麒麟がくる:“道三”本木雅弘が“光秀”長谷川博己を絶賛 「十兵衛の葛藤に次ぐ葛藤は必見」

テレビ
NHK大河ドラマ「麒麟がくる」第17回での斎藤道三(本木雅弘さん) (C)NHK

 俳優の長谷川博己さん主演のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」(総合、日曜午後8時ほか)第17回「長良川の対決」が5月10日に放送される。ドラマの公式ツイッターでは、斎藤道三役の本木雅弘さんのコメントを掲載。道三が嫡男・高政(伊藤英明さん)と争い命を落とした「長良川の戦い」を前に、「道三と高政の父子対決によって、美濃は割れ、光秀の心も引き裂かれんばかりに追い詰められる。その火種を生んだ張本人が言うのもナンですが、究極の選択を迫られた十兵衛(光秀)の葛藤に次ぐ葛藤は必見!」と見どころを紹介し、「これが戦国の世! 苦渋に満ちた長谷川さんがスバラシイ!!」と絶賛した。

 第17回は、尾張では、道三が越前へ落ち延びられるよう取り計らったにもかかわらず、それを拒んだとして帰蝶(川口春奈さん)が憤っていた。道三が劣勢であることを聞いた信長(染谷将太さん)は、いてもたってもいられず兵を引き連れて飛び出していく。

 光秀は、明智荘を守るべく、光安(西村まさ彦さん)と共に道三に味方することを決める。ついに長良川を挟んだ戦いが始まった。一進一退の攻防が続く中、自ら大軍を率いて押し寄せる高政により、次第に道三軍の敗色が濃厚になってゆく……。

 「麒麟がくる」は59作目の大河ドラマ。1991年放送の「太平記」などで知られる池端俊策さんのオリジナル作。若いころ、下克上の代名詞・美濃の斎藤道三を主君として勇猛果敢に戦場を駆け抜けると、その教えを胸に、やがて織田信長のもとで、多くの群雄と天下を巡って争う智将・明智光秀が主人公。ドラマでは謎めいた光秀の前半生に光を当て、戦国の英傑たちの運命も描く、エネルギッシュな群像劇だ。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る