明日のエール:5月26日 第42回 環から厳しい言葉 「才能がない」とやけになる音に…

テレビ
NHK連続テレビ小説「エール」第42回の一場面 (C)NHK

 窪田正孝さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「エール」(総合、月~土曜午前8時ほか)は第9週「東京恋物語」を放送。5月26日の第42回では……。

 音楽学校の記念公演「椿姫」の最終選考に、千鶴子(小南満佑子さん)と共に残った音(二階堂ふみさん)だったが、環(柴咲コウさん)から「今のままでは千鶴子に勝つのは難しいのでは」と言われる。音が歌を通して何を伝えたいのかが何も伝わってこなかったというのだ。どうせ自分には才能がないとやけになる音に、久志(山崎育三郎さん)は伝えたいことを明確にするためには、まずは「椿姫」の世界を理解することだとアドバイスする。

 「エール」は、昭和という激動の時代に、人々の心に寄り添う曲を数々生み出した作曲家・古山裕一(窪田さん)と、裕一の妻で自らも歌手になる夢を追い続ける音の音楽と共に生きる夫婦の物語。

 第8週「紺碧の空」は、早稲田大学の応援部から、早慶戦に勝利するための新しい応援歌「紺碧の空」の作曲を依頼された裕一。しかし、なかなか曲が書けないことにいらだち、ついに妻の音は、書き置きを残して実家のある豊橋に帰ってしまう。やがて、団長(三浦貴大さん)の熱い思いに触れ、自分が音楽を始めた頃の気持ちを取り戻した裕一は、あっという間に曲を書き上げると……という展開だった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る