麒麟がくる:毛利新介役・今井翼「桶狭間の戦い」は胸高鳴る時間 壮大な決戦シーン「注目ください」

テレビ
NHK大河ドラマ「麒麟がくる」第21回に毛利新介役で出演する今井翼さん (C)NHK

 俳優の長谷川博己さん主演のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」(総合、日曜午後8時ほか)。6月7日は放送休止前最後の回として第21回「決戦!桶狭間」を放送する。同回に毛利新介役で出演する今井翼さんは、ドラマの公式ツイッターでコメントを発表。「壮大な決戦のシーンにぜひともご注目ください」と視聴者にメッセージを送っている。

 毛利新介は、織田信長の家臣。信長の馬廻(うままわり)として仕え、桶狭間では服部一忠とともに、今川義元に肉薄し、首級をあげた人物だ。今井さんは「桶狭間の戦いという重要な回に出演ということで、身の引き締まる思いと、胸が高鳴る時間を過ごさせていただきました」と振り返っていた。

 「麒麟がくる」は59作目の大河ドラマ。1991年放送の「太平記」などで知られる池端俊策さんのオリジナル作。若いころ、下克上の代名詞・美濃の斎藤道三を主君として勇猛果敢に戦場を駆け抜けると、その教えを胸に、やがて織田信長のもとで、多くの群雄と天下を巡って争う智将・明智光秀が主人公。ドラマでは謎めいた光秀の前半生に光を当て、戦国の英傑たちの運命も描く、エネルギッシュな群像劇となっている。

 大河ドラマ枠では6月14日から特集番組「『麒麟がくる』までお待ちください 戦国大河ドラマ名場面スペシャル」を3週にわたって放送する。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る