麒麟がくる:“信長”染谷将太「桶狭間」で心臓の鼓動激しく 父・信秀や道三が「舞い降りたような感覚」も

テレビ
NHK大河ドラマ「麒麟がくる」第21回の一場面 織田信長を演じる染谷将太さん (C)NHK

 俳優の長谷川博己さん主演のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」(総合、日曜午後8時ほか)第21回「決戦!桶狭間」が6月7日に放送され、織田と今川が激突した「桶狭間の戦い」が描かれた。今川義元(片岡愛之助さん)を破った織田信長役の染谷将太さんは、同回の放送後にドラマの公式ツイッターでコメントを発表。「桶狭間の戦いでの信長には、父・信秀や斎藤道三が舞い降りたような感覚がありました。戦のシーンはもちろん、出陣のシーンでも、顔が熱くなり、心臓の鼓動が激しくなりました」と明かすと、「あの高ぶった感覚を忘れずに、これからの信長を演じていきたいと思います」と誓った。

 第21回は、今川から松平元康(風間俊介さん)を離反させる工作は失敗に終わるが、信秀の教えを思い出した信長は、今川が本当にうわさされるような2万もの大軍であるのかを疑い、前線へ出陣する。局地戦を展開して、義元率いる本隊から、徐々に兵を引き離す作戦を決行する信長。一方の元康は、三河勢を駒のように扱う今川方に次第に嫌気が差し始め、織田軍の迎撃に加わることを拒否する。そして暴風雨の中、数の減った今川本隊は、桶狭間山での立ち往生を余儀なくされ、そこに織田の軍勢が襲いかかる……。

 義元を討ち取ったのは毛利新介(今井翼さん)で、大きくジャンプしてから、槍(やり)で突き刺すというド派手な“最後の一撃”と、義元の目にはっきりと自分に襲いかかる毛利の姿(VFXで表現)が映し出されるという“死の描写”も視聴者の注目を集めた。

 「麒麟がくる」は同回を最後に一時放送休止に入る。大河ドラマ枠では、6月14日から特集番組「『麒麟がくる』までお待ちください 戦国大河ドラマ名場面スペシャル」を3週にわたって放送する。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る