私たちはどうかしている:浜辺美波&横浜流星のキスシーンに「めっちゃ美しかった」と反響 「和菓子食べたくなる」の声も

テレビ
ドラマ「私たちはどうかしている」第1話のワンシーン=日本テレビ提供

 女優の浜辺美波さんと俳優の横浜流星さんがダブル主演を務める連続ドラマ「私たちはどうかしている」(日本テレビ系、水曜午後10時)の第1話が、8月12日に放送された。浜辺さん演じる和菓子職人の花岡七桜(はなおか・なお)と、横浜さん演じる創業400年の老舗和菓子屋のクールな跡取り息子、高月椿(たかつき・つばき)のキスシーンが描かれ、視聴者からは、「キスシーンめっちゃ美しかった」「キスシーン、横浜流星くんの角度、マンガかってくらい美しかった」などの声が上がるなど、話題を集めた。

 ドラマは、女性マンガ誌「BE・LOVE」(講談社)で連載されている安藤なつみさんの同名マンガが原作。浜辺さん演じる和菓子職人の花岡七桜と、横浜さん演じる創業400年の老舗和菓子屋のクールな跡取り息子、高月椿が、15年前に起こった和菓子屋「光月庵」主人の殺人事件を巡り、運命に翻弄(ほんろう)されながらも強くひかれ合う“ラブミステリー”。

 第1話では、和菓子作りに情熱を注ぐ若き職人・七桜(浜辺さん)が、結婚式の引き出物を決めるための和菓子対決を受けてほしいと頼まれる。相手は、金沢の老舗和菓子屋“光月庵”。15年前、光月庵の和菓子職人だった母・百合子(中村ゆりさん)が若旦那・高月樹(鈴木伸之さん)を殺した罪で逮捕され、七桜の人生は一変したという因縁の店だった。一度は対決を辞退する七桜だが、住み込みで働いていた店を突然解雇され、行き場もなく途方に暮れていると、見知らぬ男・多喜川(山崎育三郎さん)に亡き母からの手紙を渡され……というストーリーだった。

 SNSでは、「浜辺美波と横浜流星美しすぎ」「みんな顔面偏差値高過ぎる~」「顔面偏差値の大暴走」「もう画が全て美しい」「2人が見事に原作通り!」などの声が続々と上がったほか、「和菓子食べたくなる」「和菓子がおいしそう」というコメントも並んでいた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る