私たちはどうかしている:浜辺美波&横浜流星のラブシーンに反響 「美しすぎ」と話題に

テレビ
ドラマ「私たちはどうかしている」第2話のワンシーン(C)日本テレビ

 女優の浜辺美波さんと俳優の横浜流星さんがダブル主演を務める連続ドラマ「私たちはどうかしている」(日本テレビ系、水曜午後10時)の第2話が、8月19日に放送された。終盤では、浜辺さん演じる花岡七桜(はなおか・なお)と、横浜さん演じる高月椿(たかつき・つばき)のラブシーンが登場。視聴者からは、「浜辺美波さんと横浜流星さんの2人のシーン美しすぎた」「最後のラブシーンのインパクトすごすぎた」「横浜流星エロすぎて……」といった反響があった。

 ドラマは、女性マンガ誌「BE・LOVE」(講談社)で連載されている安藤なつみさんの同名マンガが原作。浜辺さん演じる和菓子職人の花岡七桜と、横浜さん演じる創業400年の老舗和菓子屋のクールな跡取り息子、高月椿が、15年前に起こった和菓子屋「光月庵」主人の殺人事件を巡り、運命に翻弄(ほんろう)されながらも強くひかれ合う“ラブミステリー”。

 第2話は、見習い職人・城島(高杉真宙さん)から、15年前の事件後に光月庵の従業員が総替わりしたことを聞いた七桜が、事件当時のことを知る客から話を聞くため、古参の得意先の白藤屋に菓子を届けるチャンスを作る。一人で白藤屋を訪ねた七桜だが、箱を開けると白藤屋特注の菓子は台無しになっていて……というストーリーだった。七桜と椿が手をつないで歩くシーンや、椿が七桜に“壁ドン”する場面も登場した。

 ツイッターでは、「#私たちはどうかしている」がトレンド2位に。SNSには、「永久保存版にしたいぐらい、めっちゃドキドキ」「キスシーン本当にきれい」「2人の色気がすごい」「添い寝キス」などのコメントが並んだ。横浜さん演じる椿について、「横浜流星×着物×布団 ありえんくらいきれいな姿」「椿として写真集出してほしい」「はだけた椿アングル最高」という意見もあった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る