エール:ハナコ岡部大の演技にCP太鼓判 「大熱演」にスタッフ即決 放送再開14日から本格登場

テレビ
NHK連続テレビ小説「エール」で田ノ上五郎を演じる「ハナコ」の岡部大さん (C)NHK

 窪田正孝さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「エール」(総合、月~土曜午前8時ほか)の放送が9月14日から再開される。そのスタートとなる第14週(9月14~19日)では、お笑いトリオ「ハナコ」の岡部大さん演じる田ノ上五郎が本格的に登場する。制作統括の土屋勝裕チーフ・プロデューサー(CP)は「本当に純朴な青年で、『まさかこの2人が恋なの?』っていう展開にふさわしいキャラクター」と位置づけ、岡部さんの演技についても「お芝居は本当にしっかりしている」と太鼓判を押した。

 田ノ上五郎は、裕一(窪田さん)の曲が大好きで、裕一に弟子入りしたいと願い出る茨城出身の青年だ。

 岡部さんについて、土屋CPは最初「本当はお芝居には不安があった」といい、「お会いしたとき、オーディションというか、ちょっと試しに、『先生、弟子にしてください!』というところをやっていただいたんですけど……。顔を真っ赤にして、目に涙浮かべて、大熱演って感じで。その瞬間、演出・スタッフ一同、岡部さんに決めようってなった。コミカルなところも含めてこの人、本当にいい人だろうなっていう雰囲気を醸し出していて、このキャラクターにぴったり」と語っていた。

 「エール」は、昭和という激動の時代に、人々の心に寄り添う曲を数々生み出した作曲家・古山裕一と、裕一の妻で、自らも歌手になる夢を追い続ける音(二階堂ふみさん)の、音楽と共に生きる夫婦の物語。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る