佃典彦:“曾根崎”「半沢直樹」の土下座は「役者冥利」 “後ずさり土下座”の裏話も

テレビ
連続ドラマ「半沢直樹」に出演した佃典彦さん(C)TBS

 高視聴率を記録し続けている俳優の堺雅人さん主演の連続ドラマ「半沢直樹」(TBS系、日曜午後9時)で、東京中央銀行・審査部次長の曾根崎雄也を熱演した演出家で俳優の佃典彦さん。第6話では、半沢(堺さん)によって不正を暴かれた曾根崎が土下座をするシーンがあり、「Yahoo!」のリアルタイム検索で佃さんの名前が急上昇したほか、SNSでは「すさまじい演技力!」「演技が記憶から離れない」「素晴らしい俳優」などと絶賛の声が上がった。そんな佃さんに、話題となった土下座シーンや出演した感想などを聞いた。

 ◇曾根崎役は「とんでもないものを引き受けてしまった」

 原作は、池井戸潤さんの「半沢直樹」シリーズ。2013年7~9月に放送された前作は「オレたちバブル入行組」と「オレたち花のバブル組」を映像化。最終回に42.2%という高視聴率を記録。同年の「2013年ユーキャン新語・流行語大賞」では、半沢の名ぜりふ「倍返し」が年間大賞を受賞した。7年ぶりの続編は、「ロスジェネの逆襲」「銀翼のイカロス」が原作。

 佃さんは、出演へのオファーがあった当時について、ドラマのプロデューサーから直接、電話が入ったといい「『お願いがありまして……』って言われて。僕は脚本を書いたりしているので、最初、脚本のお願いかなって思ったんです(笑い)。そうしたら『出演で』って言われてホッとしました。僕に来る役だから3シーンぐらいかなって思って、原作を読んだら、ほぼ登場するような役で。とんでもないものを引き受けてしまったとビクビクしました」と振り返った。

 ◇「半沢直樹」出演 不通だった旧友から連絡も

 曾根崎役を引き受けた佃さんは、劇作家協会で親交がある、電脳雑技集団の平山一正社長役の土田英生さんに「撮影現場はどういう感じなのか」と聞き、「半沢直樹の現場は普通のドラマと違う。福澤(克雄)監督は怖いよって言われまして。すごくドキドキしたのを覚えています」と明かした。

 佃さんが扮(ふん)した曾根崎は、担当だった帝国航空の再建を半沢に横取りされたと逆恨みし、事あるごとに半沢の行動を妨害。金融庁検査で、曾根崎のミスが発覚。検査を乗り切るために、帝国航空の山久登財務部長(石黒賢さん)に協力をさせ、うそをつかせた。しかし、半沢に不正を暴かれ土下座をすることとなった。

 出演後の反響には「僕はSNSをやっていないので」と明かしながら「長年連絡を取り合っていなかった小学校の同級生から、電話がかかってきたのが、一番、びっくりしました。『鼻高々だ』『小学校の誇りだ』って。『すごい!』『おめでとう!』『やったな!』など、周りの方からいろいろなお言葉をいただきました。ほかのドラマ作品とは明らかに(反響の)違いを感じました」と、うれしそうに語り、笑顔を見せていた。

 ◇曾根崎“土下座シーン”は「無我夢中」 “後ずさり土下座”は…

 曾根崎の土下座シーンの撮影には「無我夢中で駆け抜けた感じでした」と振り返りつつ「(台本を読んだら)半沢直樹で土下座ができるなんて! こんな役者冥利はないと思いました」と興奮気味に語った。

 このシーンで目を見張ったのが、土下座をしながら後ずさりを見せた佃さんの演技だった。「目の前に(中野渡頭取役の)北大路欣也さんがいらっしゃって、隣に堺さんがいらっしゃって、(せりふや演技を)間違える勇気なんてありません」と振り返りながら「(大和田役の)香川照之さんは、テークを重ねるごとに芝居を変えてきて、何テーク目かのときに隣に立っていらっしゃったんです。(目の前に頭取、横に半沢と大和田が立つという立ち位置の関係で身を引くように)土下座をしながら後ずさりをしたんです」と裏話も明かした。

 佃さんは、9月12日に新国立劇場中劇場(東京都渋谷区)で開催される同ドラマの朗読劇「感謝の恩返しスペシャル企画 朗読劇『半沢直樹』」にも出演する。佃さんが出演する「おかしな二人の殺人事件」では、曾根崎と、「東京03」の角田晃広さん演じる三木重行が遭遇するストーリーが描かれる。佃さんは「本編では、交わらなかった2人。ドラマの中で、もしこの2人が出会っていたら、こんな感じになるのかっていう雰囲気を楽しんでいただければと思います」と笑顔を見せていた。

 「半沢直樹」第8話は9月13日午後9時から放送される。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る