私たちはどうかしている:横浜流星の切ない表情に視聴者注目 “栞”岸井ゆきのとのシーンも話題に

テレビ
ドラマ「私たちはどうかしている」第7話のワンシーン(C)日本テレビ

 女優の浜辺美波さん、俳優の横浜流星さんダブル主演の連続ドラマ「私たちはどうかしている」(日本テレビ系、水曜午後10時)第7話が9月23日に放送された。老舗和菓子屋のクールな跡取り息子、高月椿(たかつき・つばき)を演じる横浜さんについて、視聴者からは「流星君(椿)の顔を見てたら、悲しく胸が苦しかった」「椿のアップの表情が毎回切ない」など注目されていた。

 原作は女性マンガ誌「BE・LOVE」(講談社)で連載中の安藤なつみさんの同名マンガ。浜辺さん演じる和菓子職人の花岡七桜と、横浜さん演じる創業400年の老舗和菓子屋「光月庵」のクールな跡取り息子、高月椿が、15年前に起こった「光月庵」主人の殺人事件を巡り、運命に翻弄(ほんろう)されながらも強くひかれ合う“ラブミステリー”。

 第7話では、光月庵から姿を消した七桜と椿が、3年後に開かれた新春園遊会の選定会で再会。椿が七桜に「なんであの火事の日なにも言わずに消えたんだ」と問いかける。すると、七桜が「椿あのとき聞いたよね。今までのこと全部うそだったのかって。そうだよ。全部うそだった。だってそうでしょう? ママを殺人者にした人のこと好きになるわけない」と答えて……という展開だった。

 ツイッターでは、ハッシュタグ「私たちはどうかしている」がトレンド入り。SNSでは「横浜流星くんって目の演技がうまい」「椿と七桜には幸せになってもらいたい」などの声が上がっていた。

 椿が岸井ゆきのさん演じる栞に迫られる場面では「それで? 俺のなにが好きなんだ?」と冷たい表情で栞の首をつかみ……という展開も登場。SNSでは「冷たい表情が、声色含めてゾクッとした」「栞を受け入れなかった椿にグッときた。すごみのある演技も良かった」などのコメントが並んでいた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る