おかえりモネ:「King & Prince」永瀬廉が朝ドラ初出演「まさか自分が」 清原果耶の同級生役 浅野忠信も初の朝ドラ

テレビ
2021年度前期のNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」に出演が決まった「King & Prince」の永瀬廉さん

 女優の清原果耶さん主演で来春放送予定の2021年度前期のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おかえりモネ」の新キャストが9月28日、発表され、ヒロイン・百音(ももね、清原さん)の同級生・及川亮を人気グループ「King & Prince」の永瀬廉さんが演じることが分かった。永瀬さんは初の朝ドラで、亮の父親・及川新次役で浅野忠信さんの朝ドラ初出演も発表された。

 そのほか、百音の同級生として恒松祐里さん、前田航基さん、高田彪我さんの出演も明らかにされた。恒松さんが明るくおしゃべりな幼なじみ・野村明日美役、前田さんが伝統ある寺の息子・後藤三生役、高田さんが故郷を愛するしっかり者・早坂悠人役。高田さんも今回が初の朝ドラとなる。

 永瀬さんは「まさか自分が朝ドラに出演させていただけるとは思っていなかったので、驚きとともにこの作品の一部になれることがとても光栄です。プレッシャーもありますが自分らしく楽しんで演じていきたいです。舞台である気仙沼にはまだ行ったことがないのですが、本作を通じて気仙沼という地域を見て、触れて、感じて、その土地で起きた出来事にしっかりと寄り添いながら、一瞬一瞬を大切に、キャスト、スタッフの皆さんと撮影期間を過ごしていきたいと思います」とコメントしている。

 「おかえりモネ」は第104作の朝ドラで、「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON」(フジテレビ系、2017年)や「透明なゆりかご」(NHK、2018年)、「きのう何食べた?」(テレビ東京系、2019年)と話題作を次々と手掛ける脚本家の安達奈緒子さんによるオリジナル作品。

 「海の町」宮城県・気仙沼に生まれ育ち、「森の町」同県の登米(とめ)で青春を送るヒロイン・永浦百音(ももね、清原さん)が、気象予報という「天気」にとことん向き合う仕事を通じて、人々に幸せな「未来」を届けていく物語となる。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る