麒麟がくる:【悲報】信長、光秀にフラれる! 目だけでがっかり? 視聴者「こういうときはウソでも」と…

テレビ
NHK大河ドラマ「麒麟がくる」第27回の一場面 光秀(長谷川博己さん)に選択を迫るもフラれる織田信長(染谷将太さん) (C)NHK

 俳優の長谷川博己さん主演のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」(総合、日曜午後8時ほか)第27回「宗久の約束」が10月11日に放送され、織田信長(染谷将太さん)が光秀(長谷川さん)に、足利義昭(滝藤賢一さん)に仕えるのか、自分の家臣となるのか、選択を迫るシーンが描かれた。

 「今一つ大事なことがある」「この後のことに関わることじゃ」と切り出し、「今それを決めよ」と選択を迫った信長に対して、光秀の答えは「私の心は決まっております。将軍(義昭)のおそばに参ります」だった。信長は「残念だが、分かった。以後、そのように扱う。よいな」と言い残して去って行く……という展開で、SNSでは「【悲報】ノッブ、十兵衛たんにフラれるw」「信長さん光秀にフラれたねぇ」「副音声)目を輝かせる信長→目を逸(そ)らす信長」「すごいな。目だけでがっかりしたのが分かった」「何か今まずいこと言ったよね? 信長顔変わったよ?」と視聴者が即反応。

 さらには「ここで迫られて義昭を選ぶのかよ、十兵衛」「十兵衛ちゃん選択ミス!!」「十兵衛お前ほんとそういうとこだぞ」「こういうときはウソでも信長って言っておきなよ」「これからの十兵衛の扱い方が決まりました」「ここから信長と十兵衛との間にほころびが……」といった意見や感想が次々と書き込まれていた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る