姉ちゃんの恋人:初回視聴率9.2% 有村架純主演のラブ&ホームコメディー

テレビ
連続ドラマ「姉ちゃんの恋人」第1話のワンシーン=カンテレ提供

 女優の有村架純さん主演の連続ドラマ「姉ちゃんの恋人」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)の第1話が10月27日、放送され、平均視聴率(世帯)は9.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 ドラマは、有村さんがヒロインを務めたNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「ひよっこ」などの岡田惠和(よしかず)さんが脚本を担当するオリジナル作品。女手一つで弟3人を養う主人公・安達桃子(有村さん)が、職場で出会った吉岡真人(林遣都さん)との恋によって日常が大きく変わる……という恋と家族愛を描いたラブ&ホームコメディー。

 第1話は15分拡大版で放送。桃子は、勤め先のホームセンターでクリスマスプロジェクトのリーダーを任される。プロジェクトのミーティングの場で、桃子は吉岡と知り合う。一方、笑顔を絶やさず、好青年の吉岡には「ある秘密」があって……という展開だった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る