#リモラブ:第8話 “美々”波瑠のもとに“青林の叔母”石野真子が“襲来”! “五文字”間宮祥太朗は逆襲開始?

連続ドラマ「#リモラブ ~普通の恋は邪道~」第8話の場面写真=日本テレビ提供
1 / 6
連続ドラマ「#リモラブ ~普通の恋は邪道~」第8話の場面写真=日本テレビ提供

 女優の波瑠さん主演の連続ドラマ「#リモラブ ~普通の恋は邪道~」(日本テレビ系、水曜午後10時)第8話が12月9日に放送される。予告映像では、「2人を引き裂く叔母登場!!」というテロップと共に、青林風一(松下洸平さん)とその叔母の典子(石野真子さん)が大桜美々(波瑠さん)の家を訪れる場面が展開。さらに、五文字順太郎(間宮祥太朗さん)が「美々先生大丈夫ですか?」と心配する様子や、「五文字の逆襲開始」といった文言も映し出されている。

 初めて打ち解けた会話ができた美々と青林は、順調な日々を送っていた。この日々がずっと続いてほしいと思う美々は、富近ゆり(江口のりこさん)から恋愛を終わらせないために結婚があると聞く。

 そんな矢先、青林の父が幼なじみとの結婚をまとめるために再びやって来るという。しかし、やって来たのは叔母の典子。青林は美々を恋人だと紹介するが、典子は幼なじみとの話を断るためのうそだと疑う。結婚を巡る騒動の中、ストレスを溜めた美々にある異変が起きる……。

 ドラマは、「きょうは会社休みます。」「世界一難しい恋」を手掛けたチームによる“恋愛弱者のラブコメ”第3弾で、波瑠さん扮(ふん)する恋をサボってきた“おひとり様”大桜美々の久しぶりの恋を描く。脚本は、NHK連続テレビ小説「スカーレット」などの水橋文美江さんが担当している。

写真を見る全 6 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る