麒麟がくる:美術さん、頑張った? 精巧な「蘭奢待」レプリカに視聴者感心 「ホンモノ?」の声も

テレビ
NHK大河ドラマ「麒麟がくる」第37回「信長公と蘭奢待」の一場面 (C)NHK

 俳優の長谷川博己さん主演のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」(総合、日曜午後8時ほか)第37回「信長公と蘭奢待(らんじゃたい)」が12月20日に放送され、時の権力者が切り取ってきた香木「蘭奢待」が登場した。

 同回では副題の通り、朝倉・浅井を攻め滅ぼし、ついに権力の頂点に立った信長(染谷将太さん)が「蘭奢待」を所望し、その願いがかなう様子が描かれた。

 SNSでは「蘭奢待がくる」「蘭奢待キター!」「蘭奢待似てる?」「思った以上にでかい」などと視聴者は反応。精巧さに「ホンモノ? ニセモノだよね?」「美術部頑張ったな! これすごいわw」「美術さん、めっちゃ仕事したんだなぁ!」「再現っぷりがすげえ」「よく復元されてるわ」「小道具さん! すばらしいお仕事しましたね!」「あのレプリカほしい」といった感心する声が次々と上がっていた。

 第37回は、上洛(じょうらく)間近の武田信玄(石橋凌さん)の進軍が、突然止まる。義昭(滝藤賢一さん)は援軍を得られず孤立、藤吉郎(佐々木蔵之介さん)率いる織田軍に捕らえられる。二条城にいた幕臣・三淵(谷原章介さん)も捕らえられ、早々に信長方についた弟・藤孝(眞島秀和さん)と苦しい再会を果たす。

 菊丸(岡村隆史さん)より武田信玄が秘密裏に死んだことを知らされる光秀(長谷川さん)。その報告を受け信長は、後ろ盾を失った朝倉・浅井に対して兵を挙げ、一気に攻め滅ぼす。ついに権力の頂点に立った信長は、ある突拍子もない願いを朝廷に突きつける……という展開だった。

 「麒麟がくる」は59作目の大河ドラマ。1991年放送の「太平記」などで知られる池端俊策さんのオリジナル作。ドラマでは謎めいた明智光秀の前半生にも光を当て、戦国の英傑たちの運命も描く。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る