その女、ジルバ:第3話 “新”池脇千鶴、職場追放の大ピンチ! “チームリーダー”江口のりこに呼び出され…

連続ドラマ「その女、ジルバ」第3話のワンシーン=東海テレビ提供
1 / 3
連続ドラマ「その女、ジルバ」第3話のワンシーン=東海テレビ提供

 女優の池脇千鶴さん主演のドラマ「その女、ジルバ」(東海テレビ・フジテレビ系、土曜午後11時40分)第3話「不屈のタマシイ!?」が1月23日に放送される。予告動画では、「職場追放の大ピンチ!」のテロップと共にスミレ役・江口のりこさんの「のんきに副業なんかしてたら、本当にこの男にリストラされるよ」というせりふも収められている。

 超高齢熟女バー「OLD JACK & ROSE」でのバイトに少しずつなじんできた一方、昼間の職場では予想外の試練が新(池脇さん)を待っていた。突然、チームリーダーのスミレに呼び出された新と前園(山崎樹範さん)。みか(真飛聖さん)も見守る中、ホストにハマっていると勘違いされた新がリストラ対象になっていることをどう考えているのか、と2人を問い詰める。

 身に覚えのないことばかりであぜんとする新。熱くなっているスミレの剣幕に、ホスト通いではなく熟女バーでホステスのバイトをしていることを白状せざるをえなくなる。その日の終業後、バーの前で「ホステス募集40歳以上」の貼り紙をしげしげ眺めるスミレとみかの姿があった。2人とも口ではあれこれ言いながらも、新のバイト先が気になって仕方なかったのだ。

 ドレスにウィッグ、バッチリメーク。昼間とは別人の“アララ”の姿に衝撃を受ける2人。居心地悪そうにしながらもビールを注文する。そこにエリー(中田喜子さん)が姿を見せる。いつもは明るいキャラクターで店を盛り上げるエリーの様子がどうもおかしい。彼女が二十代の時、散々貢いだ挙句に捨てられた詐欺師のような男に約40年ぶりに再会、しかも同じ団地に引っ越してきたといい……。

 原作は「第23回手塚治虫文化賞マンガ大賞」を受賞した有間しのぶさんの同名マンガ。アパレル店員から物流倉庫に左遷された主人公・新が40歳未満お断りの超高齢熟女バー「BAR OLD JACK & ROSE」に飛び込み、高齢ホステスたちの刺激を受けながら、忘れかけていたものを取り戻していく物語。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

PHOTO

このページのトップへ戻る