麒麟がくる:残り3回、“本能寺ゲージ”さらに上昇 明日第42回「離れゆく心」 信長、光秀を殴打!?

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」第42回「離れゆく心」の一場面 (C)NHK
1 / 9
NHK大河ドラマ「麒麟がくる」第42回「離れゆく心」の一場面 (C)NHK

 俳優の長谷川博己さん主演のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」(総合、日曜午後8時ほか)第42回「離れゆく心」が1月24日に放送される。同回を含め、ドラマは残すところあと3回で、物語は「本能寺の変」まであと4年のところまで到達。予告編には信長(染谷将太さん)が光秀(長谷川さん)を殴打するシーンもあり、視聴者からはすでに「本能寺ゲージの上昇待ったなし」「光秀の本能寺ゲージが確実に上昇」「やばいやばい!光秀の本能寺ゲージはMAXですよ!」といった声も上がっている。

 第42回は、毛利攻めの副将である荒木村重までもが信長に反旗をひるがえす。必死に説得をする中で、この終わりの見えない全ての戦が、武士の棟りょうたる将軍の復権につながっていると悟った光秀は、義昭(滝藤賢一さん)が追放された鞆の浦(とものうら)へ足を運ぶ。そこで見たのは、釣りざおを垂らす暮らしをしている“かつての将軍”の姿だった。一緒に京に帰ろうと促す光秀に、義昭は「そなた一人の京ならば考える」と告げる……。

 予告編には「鳴かぬなら殺してしまえホトトギス」「嫉妬と亀裂」「離れゆく心」といった文字が躍っている。

 「麒麟がくる」は59作目の大河ドラマ。1991年放送の「太平記」などで知られる池端俊策さんのオリジナル作。ドラマでは謎めいた明智光秀の前半生にも光を当て、戦国の英傑たちの運命も描く。2月7日に最終回を迎える。

写真を見る全 9 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

PHOTO

このページのトップへ戻る