青天を衝け:大河ドラマ新キャスト発表 磯村勇斗が第14代将軍・徳川家茂 深川麻衣が和宮 西郷隆盛役は博多華丸

NHK大河ドラマ「青天を衝け」に出演する磯村勇斗さん(左)と深川麻衣さん
1 / 1
NHK大河ドラマ「青天を衝け」に出演する磯村勇斗さん(左)と深川麻衣さん

 俳優の吉沢亮さん主演で2月14日にスタートするNHK大河ドラマ「青天を衝(つ)け」の新たなキャストが1月26日に発表され、俳優の磯村勇斗さん、女優の深川麻衣さんら17人が出演することが分かった。磯村さんは第14代将軍の徳川家茂、深川さんは家茂の正室・和宮を演じる。

 西郷隆盛役でお笑いコンビ「博多華丸・大吉」の博多華丸さん、大久保利通役で石丸幹二さん、徳川慶篤役で中島歩さん、徳川昭武役で板垣李光人さん、猪飼勝三郎役で遠山俊也さん、川村恵十郎役で波岡一喜さん、島津久光役で池田成志さん、折田要蔵役で徳井優さん、伊達宗城役で菅原大吉さん、山内容堂役で水上竜士さん、孝明天皇役で尾上右近さん、岩倉具視役で山内圭哉さん、中川宮役で奥田洋平さん、三条実美役で金井勇太さん、武具商・梅田慎之介役で渡辺徹さんが出演する。

 「青天を衝け」は、“日本資本主義の父”と称される渋沢栄一が主人公で、朝ドラ「風のハルカ」(2005年度後期)「あさが来た」(2015年度後期)などの大森美香さんが脚本を担当。「緻密な計算」と「人への誠意」を武器に、近代日本のあるべき姿を追い続けた渋沢の生きざまを描く。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

PHOTO

このページのトップへ戻る