岡田結実:「カムカムエヴリバディ」で朝ドラ初出演 「必死に食らいついていきたいと思っています」  

2021年度後期のNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」に出演が決まった岡田結実さん=NHK提供
1 / 1
2021年度後期のNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」に出演が決まった岡田結実さん=NHK提供

 女優の上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さん主演で、2021年度後期に放送されるNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」の新キャストが発表され、女優の岡田結実さんが、岡山の繊維企業・雉真繊維を経営する雉真家に嫁いだ女性・雉真雪衣(きじま・ゆきえ)役で朝ドラ初出演を果たすことが2月4日、分かった。

 雪衣は、良家育ちの上品な女性。雉真家と深い縁を持つことになるが、ある理由からヒロイン安子(やすこ、上白石さん)に冷たい態度を取ってしまう。

 岡田さんは「作品に参加してほしいというお声をかけていただいて、すてきなスタッフさんたちと仕事ができることが泣くほどうれしかったあの時を忘れません。そして、キャスト陣の皆様の名前を聞いた時にその世界の1人として生きられることが、もうすでに幸せです。雪衣が雪衣として、そこに生まれた意味を感じながら必死に食らいついていきたいと思っています。そして親子三世代で紡いだ物語『カムカムエヴリバディ』を見た方の心の中が温かくなるように踏ん張ります」とコメントした。

 「カムカムエヴリバディ」は、「ちりとてちん」を手がけた藤本有紀さんが、ラジオ英語講座と、あんこと野球とジャズと時代劇を題材に書き下ろすオリジナル。朝ドラ史上初の3人のヒロインが織りなす100年のファミリーストーリーで、昭和、平成、令和の時代に、ラジオ英語講座と共に歩んだ祖母、母、娘の3世代親子を描く。上白石さんは安子役、深津さんはるい役、川栄さんはひなた役として、母から娘へとバトンをつなぐ。

 物語の舞台は京都、岡山、大阪。戦争で夫と死に別れ、娘を置いてアメリカに渡るしかなかった祖母・安子。親と英語を憎みつつも、ジャズソングに救われて自分の人生を切り開いた母・るい。時代劇の世界に憧れながら、回り道を経てラジオ英語講座に自分の居場所をみつけていった娘・ひなた。3人はラジオで英語を聴き続けることで、それぞれの夢への扉を開いていく……という内容で、「小さな一歩一歩を積み重ねることが、思ってもいない人生を切り開き、明るく照らしていく」というメッセージが込められた、波瀾(はらん)万丈なハートフルコメディーとなる。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

PHOTO

このページのトップへ戻る