麒麟がくる:長谷川博己「光秀生存説」に言及 番外編希望で江戸幕府作る?

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」最終回のワンシーン (C)NHK
1 / 1
NHK大河ドラマ「麒麟がくる」最終回のワンシーン (C)NHK

 俳優の長谷川博己さん主演のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」(総合、日曜午後8時ほか)最終回(第44回)「本能寺の変」が2月7日に15分拡大版で放送された。同回では、副題通り「本能寺の変」が描かれたほか、「光秀生存説」に含みを持たせる衝撃的なラストにSNSは大いに沸いた。ドラマの公式ツイッターでは、光秀役の長谷川さんのメッセージ動画が公開。「僕は、最後は明智光秀は生き延びたんだと信じたいです」と願望を交え、考えを明かした。

 また長谷川さんは、「こんな今の世の中ですけれども、本当に現実の世界でも麒麟がくるように願って、念を入れるつもりでずっと演じていました。その願いが、きっと届いたと思います」と話し、「もしもこの先が気になるようでしたら、ぜひ皆様からのコメントをいただきまして、何か番外編で、またお会いできたらうらしいなと思います」とスピンオフへの意欲をのぞかせた。

 さらに長谷川さんは、「このあと、どうやって光秀は江戸幕府を作ったのか? それができたら、僕も幸せです」と笑顔を見せ、「どうもありがとうございました。長い間見ていただきましてありがとうございました。またお会いしましょう。長谷川博己でした」とメッセージを締めくくった。

 最終回は、宿敵・武田家を打ち滅ぼした戦勝祝いの席で、光秀(長谷川さん)は信長(染谷将太さん)から理不尽な叱責を受け、饗応役(きょうおうやく)の任を解かれる。追い打ちをかけるように信長は、光秀と縁深い四国の長宗我部征伐に相談もなしに乗り出すと告げる。

 戸惑う光秀に信長はさらに、「備後の鞆(とも)へ向かえ」と告げると、鞆にいる将軍・義昭(滝藤賢一さん)を「殺せ」と究極の命令を突きつける。将軍を討てば「戦が終わる」と考える信長に光秀は「殿は戦の度に変わってしまった」と、その行き過ぎた態度をいさめるが、信長は「己を変えたのは戦ではなく光秀自身だ」と冷たく言い放つ。

 やがて光秀は伝吾(徳重聡さん)、左馬助(間宮祥太朗さん)、斎藤利三(須賀貴匡さん)の3人の重臣に「我が敵は本能寺にある。その名は織田信長と申す」と謀反の決意を伝える。信長を討ち、心ある者と手を携え、世を平らかにすることが自分の役目であると考える光秀は、天正10(1582年)6月2日未明、軍勢を率いて本能寺を急襲する……という展開だった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

PHOTO

このページのトップへ戻る