麒麟がくる:総集編あらすじ公開 第2章「上洛編」進撃の信長、天下人への第一歩!

2月23日に総集編が放送されるNHK大河ドラマ「麒麟がくる」のワンシーン (C)NHK
1 / 10
2月23日に総集編が放送されるNHK大河ドラマ「麒麟がくる」のワンシーン (C)NHK

 俳優の長谷川博己さんが主演を務めたNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」(総合)の総集編(2月23日放送)のあらすじが公開された。

 総集編は、語りを帰蝶役の川口春奈さんが担当し、十兵衛(光秀、長谷川さん)と信長(染谷将太さん)の出会いから「本能寺の変」に至るまでを、帰蝶の目線で振り返る。

 第2章「上洛編」は、道三(本木雅弘さん)側についたことで美濃を追われた明智家は、越前・朝倉義景(ユースケ・サンタマリアさん)の元にかくまわれる。一方、信長は、長年にわたる駿河・今川義元(片岡愛之助さん)の脅威を、桶狭間の戦での華々しい勝利によって退け、その力を揺るぎないものにしようとしていた。しばらくして、京で三好・松永の子らによるクーデターが勃発、将軍・義輝(向井理さん)が暗殺される。ぽっかり空いた将軍の座を巡り、京は二分される。

 三淵藤英(谷原章介さん)ら奉公衆の計らいで、覚慶(後の将軍・義昭、滝藤賢一さん)を越前に迎え入れた光秀。しかし、朝倉義景の煮え切らない態度に、美濃の信長の元へ義昭を連れ出すことを決める。義昭を奉じ上洛(じょうらく)を果たした信長は、ついに天下人への第一歩を踏み出すのだった……。

 「麒麟がくる」は59作目の大河ドラマ。1991年放送の「太平記」などで知られる池端俊策さんのオリジナル作。ドラマでは謎めいた明智光秀の前半生にも光を当て、戦国の英傑たちの運命を描き、2月7日に最終回を迎えた。

 総集編は第1章「美濃編」、第2章「上洛編」、第3章「新幕府編」、第4章「本能寺編」で構成され、NHK総合とBS4Kで午後1時5分から約4時間半にわたって放送される。

写真を見る全 10 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

PHOTO

このページのトップへ戻る