おちょやん:千代、テルヲに最後の叱咤「しっかりせぇ!」 「千代ちゃんに拍手」「やっぱりすごい」と反響 

NHK連続テレビ小説「おちょやん」第75回の一場面 (C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「おちょやん」第75回の一場面 (C)NHK

 杉咲花さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おちょやん」(総合、月~土曜午前8時ほか)第75回が3月19日に放送された。同回では、ヒロイン千代(杉咲さん)と、父・テルヲ(トータス松本さん)の最後の会話が描かれた。千代は“最低の父”に対し、涙ながらに叱咤。SNSでは「千代ちゃんやっぱりすごいわ」「千代ちゃんに拍手」といった声が上がった。

 同回では、死が迫っていることで涙をこぼすテルヲに対して千代が「しっかりせぇ!」と涙ながらに叱咤。同時に、「悔しいけど、あんたはうちのお父ちゃんや」と語りかけ、千代なりの“許し”ともとれる言葉をかけた。そんな千代とテルヲのラストシーンについて、「最後には安らかなゆるしが与えられて良かった」「千代は懐が深い」「千代ちゃんは優しいなぁ」といった声も上がった。

 「おちょやん」は、上方女優の代名詞といえる存在で、「大阪のお母さん」として親しまれてきた女優の浪花千栄子さんの人生をモデルにしながらも、物語を大胆に再構築し、フィクションとして描く、103作目の朝ドラ。明治の末に大阪・南河内の貧しい家に生まれた千代が、華やかな芝居の世界に魅せられ、自らも女優を目指すようになる。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る