青天を衝け:天陽くんと番長? 吉沢亮&板橋駿谷2ショットに「なつぞら」ファン反応「エモい」

吉沢亮さん(左)と板橋駿谷さん
1 / 1
吉沢亮さん(左)と板橋駿谷さん

 NHK大河ドラマ「青天を衝(つ)け」(総合、日曜午後8時ほか)で主演を務める吉沢亮さんのスタッフによる公式ツイッターで、吉沢さんと板橋駿谷さんのツーショット写真が公開された。吉沢さんと板橋さんといえば、連続テレビ小説(朝ドラ)「なつぞら」(2019年)の“天陽くん”と“番長”としても知られ、ファンからは「『なつぞら』から再共演のお二人のショットありがとうございます」「このなつぞらコンビ、エモいです」「お二人のツーショットで『なつぞら』思い出します」といったコメントが寄せられた。

 「青天を衝け」で板橋さんは、吉沢さん扮(ふん)する主人公・渋沢栄一に影響を与える剣術家・真田範之助を演じ、3月21日放送の第6回「栄一、胸騒ぎ」から登場する。

 同回では、長七郎(満島真之介さん)や喜作(高良健吾さん)と共に剣術のけいこに励む栄一(吉沢さん)は「百姓にだって何かできるはずだ」と意気込む。そんなとき、千代(橋本愛さん)から突然思いを告げられ、胸がぐるぐるしてしまう栄一。さらに、道場破りの真田範之助(板橋さん)が栄一らの道場に現れる……と展開する。

 「青天を衝け」は、“日本資本主義の父”と称される渋沢栄一が主人公で、連続テレビ小説(朝ドラ)「風のハルカ」(2005年度後期)、「あさが来た」(2015年度後期)などの大森美香さんが脚本を担当。「緻密な計算」と「人への誠意」を武器に、近代日本のあるべき姿を追い続けた渋沢の生きざまを描く。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る