君と世界が終わる日に:衝撃続きのシーズン1ついに完結 “響”竹内涼真と“来美”中条あやみ、仲間たちの絆に「涙腺崩壊」 2に期待の声も(ネタバレあり)

連続ドラマ「君と世界が終わる日に」最終話のワンシーン=日本テレビ提供
1 / 4
連続ドラマ「君と世界が終わる日に」最終話のワンシーン=日本テレビ提供

 俳優の竹内涼真さん主演の連続ドラマ「君と世界が終わる日に」(日本テレビ系、日曜午後10時半)最終話が、3月21日に放送された。ドラマは日本テレビと動画配信サービス「Hulu(フールー)」の共同制作で、Huluでは最終話放送後、シーズン2の配信がスタート。シーズン1完結となる地上波での最終話では、間宮響(竹内さん)と恋人の小笠原来美(中条あやみさん)、仲間たちとの絆が描かれ、視聴者から「めっちゃ感動した」「涙腺崩壊」「大号泣」と反響を呼んだ。

 ◇以下、ネタバレあり

 ドラマは、“生ける屍(しかばね)=ゴーレム”が出現した終末世界を舞台に描くサバイバルラブストーリー。最終話では、駐屯地の来美が首藤公貴(滝藤賢一さん)から避難民を人質に取られ、恋人の響を殺すように脅される。

 そんな来美を助け出そうと、駐屯地に響が一人でやって来る。来美は首藤の指示通りに動こうとするが、響から心の内を言い当てられ、殺すことができなくなる。動揺する来美の姿を見た響は、ナイフを持った来美の手を取って自らの腹を刺し、首藤の望みをかなえようとする。

 しかし、首藤は自身の筋書きと異なる展開に取り乱し、用意していた大量の血液をぶちまけ、駐屯地内のゴーレムをおびき寄せて2人を襲わせようとする。迫り来るゴーレムたちに、響と来美が死を覚悟したその時、等々力比呂(笠松将さん)や柊木佳奈恵(飯豊まりえさん)らが現れ、ゴーレムを一掃。響と来美は仲間たちによって命を救われ、そろって島に帰還する……という展開だった。

 SNSでは「響と来美の愛にも泣けたし、一緒に生きてきた仲間たちとの絆にも泣けた」「思いの強さが伝わる」「すてきな最終回でした」といったコメントが並んだ。

 また、地上波の放送終了後からHuluでシーズン2の配信がスタートし、見終えた視聴者からは「すごい展開で面白かった」「パワーアップしてる」「早く続きが見たい……」と期待する声が続々と上がっている。

写真を見る全 4 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る