おちょやん:テルヲも、ヨシヲも、サエも! “夢の共演”尊すぎる3ショットに「ずるい…」「涙腺崩壊」

NHK連続テレビ小説「おちょやん」最終回の一場面 (C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「おちょやん」最終回の一場面 (C)NHK

 杉咲花さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おちょやん」(総合、月~土曜午前8時ほか)の最終回が5月14日に放送され、テルヲ(トータス松本さん)、ヨシヲ(倉悠貴さん)、サエ(三戸なつめさん)が、再び新喜劇の舞台に立った千代(杉咲さん)の幻影として“登場”。千代の家族の“夢の共演”に対して、SNSでは「ブラボー!」「スタオベに感動」「3ショットが尊すぎ」「ずるい…」「涙腺崩壊しちゃったじゃない!」と感動の声が集まった。

 同回では、テルヲとヨシヲが、千代の幻影の中で“仲良さげ”に小突き合っているシーンもあり、「彼岸で洗いざらしぶちまけてケンカしてから仲直りできたんやろか」「小突きあってるのとかもたまらなく良かった」「小突きあいしてフツーの親子みたいなシーン見られてよかったよ」「仲良く小突きあいしてるとかいいもん見れました」と天国の2人の掛け合いにも多くの反響が寄せられた。

 「おちょやん」は、上方女優の代名詞といえる存在で、「大阪のお母さん」として親しまれてきた女優の浪花千栄子さんの人生をモデルにしながらも、物語を大胆に再構築し、フィクションとして描く、103作目の朝ドラ。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る