おかえりモネ:あと3日! 清原果耶主演朝ドラキャラ紹介 鈴木京香演じる“生真面目な母”永浦亜哉子

連続テレビ小説「おかえりモネ」で鈴木京香さん演じる永浦亜哉子 (C)NHK
1 / 1
連続テレビ小説「おかえりモネ」で鈴木京香さん演じる永浦亜哉子 (C)NHK

 女優の清原果耶さん主演で、5月17日から放送される2021年度前期の連続テレビ小説(朝ドラ)「おかえりモネ」(NHK総合、月~土曜午前8時ほか)。「海の町」宮城県・気仙沼に生まれ育ち、「森の町」同県の登米(とめ)で青春を送るヒロイン・永浦百音(ももね、清原さん)が、気象予報という「天気」にとことん向き合う仕事を通じて、人々に幸せな「未来」を届けていく、希望の物語となる。スタートまであと3日。ここでは、鈴木京香さん演じる永浦亜哉子を紹介する。

 ◇仙台出身の元小学校教師 登米で将来を模索する百音を応援

 永浦亜哉子は、仙台出身の元小学校教師で、生真面目な性格。耕治(内野聖陽さん)と結婚後は、島の人々の明るさと温かさにほれ込み、移り住んだ。今は義父の牡蠣(かき)養殖業を手伝いながら、亡き義母が切り盛りしていた民宿を再開できないかと思っている。

 登米で自分の将来を模索する百音を信じ、応援する。

 ◇第1週「天気予報って未来がわかる?」あらすじ

 「おかえりモネ」は第104作の朝ドラで、「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON」(フジテレビ系、2017年)や「透明なゆりかご」(NHK、2018年)、「きのう何食べた?」(テレビ東京系、2019年)と話題作を次々と手掛ける安達奈緒子さんによるオリジナル作品。

 第1週では、2014年春、宮城県気仙沼市の離島・亀島で育った百音(清原さん)は、高校卒業を機に、内陸の登米市の大山主・新田サヤカ(夏木マリさん)の家に下宿して、森林組合の見習い職員として働き始める。娘が心配な父・耕治(内野さん)は、頻繁に百音に電話をするが、百音は仕事が忙しくなかなか連絡が取れない。そんなある日、東京から人気の気象キャスター・朝岡(西島秀俊さん)が、登米にやって来て町は大騒ぎ。実は朝岡はサヤカと、ある縁があった……とストーリーは展開する。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る