おちょやん:春ちゃん、千代の“宣言”をリフレイン「やっぱり親子」

NHK連続テレビ小説「おちょやん」の一場面 (C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「おちょやん」の一場面 (C)NHK

 杉咲花さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おちょやん」(総合、月~土曜午前8時ほか)の最終回が5月14日に放送され、春子(毎田暖乃ちゃん)が「看護婦さんになりたい。いや、なります!」と宣言するシーンが登場。くしくも、カフェーで働いていた頃の千代の「女優になりたい。いや、なります!」という宣言のリフレインで、「なんだかんだで親子は似るなあ」「やっぱり親子だ」「しっかり引き継いでるやん!」と“親子”の共通点に驚く声が上がった。

 以前は「頭が悪いさかい」と言って、看護師の夢を諦め気味だった春子。だが、千代の新喜劇での舞台を見届けた春子は、堂々と夢に向かって頑張ることを宣言したのだった。SNSでは、「頑張りや!」「お気張りやす~」「春子ちゃんが看護師さんになった姿見たい!」といった声援が続々。「おちょやん」の公式ツイッターも「春ちゃん、きっと、なれるで」とエールを送っていた。

 「おちょやん」は、上方女優の代名詞といえる存在で、「大阪のお母さん」として親しまれてきた女優の浪花千栄子さんの人生をモデルにしながらも、物語を大胆に再構築し、フィクションとして描く、103作目の朝ドラ。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る