山崎育三郎:「青天を衝け」で初大河 伊藤博文に 新キャストに武田真治、大倉孝二も

NHK大河ドラマ「青天を衝け」に出演する山崎育三郎さん
1 / 3
NHK大河ドラマ「青天を衝け」に出演する山崎育三郎さん

 俳優の山崎育三郎さんが、吉沢亮さん主演のNHK大河ドラマ「青天を衝(つ)け」に出演することが5月27日、分かった。山崎さんがNHK大河ドラマに出演するのは初めてで、伊藤博文を演じる。

 山崎さんは「日本の初代内閣総理大臣、伊藤博文を演じさせていただきます。大日本帝国憲法の起草者の一人であり、幕末から明治へ日本を近代化に導いた偉人。『周旋の才あり』と言われた伊藤博文のように、人と人とのつながりを大切に、敬意を持って誠実に挑みます。素晴らしい役者の皆さんと作品創りができることを楽しみにしています」と話している。

 「青天を衝け」は、“日本資本主義の父”と称される渋沢栄一が主人公で、朝ドラ「風のハルカ」(2005年度後期)、「あさが来た」(2015年度後期)などの大森美香さんが脚本を担当。「緻密な計算」と「人への誠意」を武器に、近代日本のあるべき姿を追い続けた渋沢の生きざまを描く。

 武田真治さんが小栗忠順、大倉孝二さんが大隈重信を演じることも発表された。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る