石崎ひゅーい:主題歌「アヤメ」の弾き語りも 「警視庁・捜査一課長season5」で謎のミュージシャンに

連続ドラマ「警視庁・捜査一課長season5」第8話に出演する(左から)金田明夫さん、斉藤由貴さん、石崎ひゅーいさん、内藤剛志さん、塙宣之さん=テレビ朝日提供
1 / 1
連続ドラマ「警視庁・捜査一課長season5」第8話に出演する(左から)金田明夫さん、斉藤由貴さん、石崎ひゅーいさん、内藤剛志さん、塙宣之さん=テレビ朝日提供

 シンガーソングライターの石崎ひゅーいさんが、6月3日午後8時から放送される内藤剛志さん主演の連続ドラマ「警視庁・捜査一課長season5」(テレビ朝日系)第8話にゲスト出演することが分かった。石崎さんは、今作のために書き下ろしたという主題歌「アヤメ」を歌っており、俳優としても作品を盛り上げる。ミステリー作品に出演するのは初めてという石崎さんは、どこか不気味さを漂わせるアルバイトの書店員であり、ミュージシャンでもある謎の男・日向石雄(ひゅうが・いしお)を演じる。劇中では日向のストリートライブが描かれ、主題歌「アヤメ」の弾き語りシーンもあるという。

 第8話では、視聴者参加型番組で「クイズ王」として活躍する商社マンが、謎の問題カードを手にした遺体となって見つかる事件が発生。大岩純一(内藤さん)たちが殺人事件とクイズの“謎解き”に挑む……と展開する。そんなストーリーの中、二度も捜査員たちから聞き込みを受けることとなるのが、石崎さん演じる日向だ。

 石崎さんは「現場で監督さんとも話して“怪しさ”を意識しながら演じました。本番前やカットの後、内藤さんとめちゃくちゃ喋りました。せりふを忘れるくらい喋り続けていました(笑い)」とコメント。

 撮影については、「みなさん本当に温かくて、ミステリーとは思えないほど明るい現場でした。不思議と実家に帰って来たような、そんな気持ちになりました。内藤さんとは、音楽の話をずっとしていました。ボブ・ディランやトム・ウェイツ、デヴィッド・ボウイの話。それから内藤さんが持っている、高いマーチンのギターをいずれ譲っていただけるかもしれない権利を獲得しました」とニッコリ。「初めてミステリーに挑戦しました。僕が犯人かもしれません。劇中で歌う『アヤメ』もぜひ楽しみにしていてください」とアピールした。

 「警視庁・捜査一課長」は、ヒラ刑事からはい上がってきたノンキャリアの主人公、警視庁捜査1課の課長・大岩らの活躍を描く人気作。斉藤由貴さん、本田博太郎さん、金田明夫さん、お笑いコンビ「ナイツ」の塙宣之さんらが出演する。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る