イチケイのカラス:第10話 “みちお”竹野内豊が“名無しのホームレス”板尾創路の傷害事件、真相へ

連続ドラマ「イチケイのカラス」第10話のワンシーン(C)フジテレビ
1 / 8
連続ドラマ「イチケイのカラス」第10話のワンシーン(C)フジテレビ

 俳優の竹野内豊さん主演のドラマ「イチケイのカラス」(フジテレビ系、月曜午後9時)第10話「最終回につづく物語!嘘(うそ)だらけの法廷…切ない真実」が6月7日に放送される。板尾創路さんがゲスト出演し、氏名、本籍、職業不詳のホームレスを演じる。

 裁判官の入間みちお(竹野内さん)は、弁護士時代の同僚・青山瑞希(板谷由夏さん)から、独立するにあたり国選弁護にも力を入れるため“イチケイ”に通うと言われる。

 ある日、“イチケイ”で氏名などの分からないホームレス(板尾さん)が起こした傷害事件を扱う。青山が弁護人を引き受けた案件だった。当時17歳だった被害者の朝倉純(小野寺晃良さん)の胸を工具で殴打し、けがを負わせたという事件。純ら少年5人が被告のホームレスらに投石し、1人がけがをした。被告が純を捜し出して注意したところ、もみ合いになり、けがを負わせてしまった。

 第1回公判。ホームレスは素性を明らかにするのを拒む。みちおが起訴内容に間違いがないか聞くと、被告は「間違っている」「嘘が嫌いだ」と言って……。

 原作は浅見理都さんの同名マンガ(講談社)。自由奔放で型破りな刑事裁判官の入間みちお(竹野内さん)と、彼に振り回されながらも真実をつかもうと奔走するイチケイメンバーの活躍を、“コミカル&ビター”に描く。

写真を見る全 8 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る