奥野壮:「悪魔とラブソング」合唱シーンは「チームとして一つに」 飯島寛騎のピアノ演奏「カッコよすぎて…」

ドラマ「悪魔とラブソング」で神田優介役を演じる奥野壮さん (C)桃森ミヨシ/集英社・HJホールディングス
1 / 2
ドラマ「悪魔とラブソング」で神田優介役を演じる奥野壮さん (C)桃森ミヨシ/集英社・HJホールディングス

 女優の浅川梨奈さんと俳優の飯島寛騎さんがダブル主演を務める動画配信サービス「Hulu(フールー)」の連続ドラマ「悪魔とラブソング」。俳優の奥野壮さんが、ヒロインの女子高生・マリア(浅川さん)のクラスメート・神田優介役で出演している。劇中でクラス全員で披露する合唱シーンについて、「一緒にすてきなものを作りあげたいという気持ちがみんな強かった」と明かし、「チームとして一つになっている感覚がありましたね」と語っている。

 合唱シーンでは、飯島さん演じる目黒伸が披露するピアノ演奏も見どころの一つ。「飯島さんのピアノ伴奏に初めて合わせた時は、すごすぎて感動しました」と声を弾ませる奥野さん。「『(ピアノ初心者だったのに)こんなに弾けるようになるの!?』と興奮した当時の感情は、鮮明に覚えてますね。飯島さんの伴奏で歌うのはめちゃくちゃ気持ち良かったのですが、ピアノを弾く飯島さんがカッコよすぎて、あまり歌に集中してなかったです(笑い)」と話している。

 また演じる役について、「神田みたいに、心からみんなに優しく接することは本当に難しいことですよね。僕も普段、友達に対して優しくしているつもりでも、それが心からかと言われたら『どうだろう?』とも思います」と振り返る。「ただ明るいだけじゃなく、内側からにじみ出る優しさを出せるよう意識して演じていました」と明かした。

 奥野さん扮(ふん)する神田のキャラクター紹介映像も併せて公開された。神田がマリアを抱き寄せる姿や、クラスメートと和気あいあいと話す姿などが収められている。

 ドラマは、少女マンガ誌「マーガレット」(集英社)とHuluがタッグを組んだ「マーガレット Love Stories」の第2弾で、桃森ミヨシさんの同名マンガが原作。常に本音を口にして「悪魔」と呼ばれている女子高生マリアが、同級生たちと絆を築いていく“異色の音楽青春ストーリー”。全8話で、Huluで一挙独占配信中。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る