おっさんずラブ:田中圭主演人気作の香港リメーク版が完成 日本に今秋“逆上陸”へ 

ドラマ「おっさんずラブ」の香港リメーク版「大叔的愛」のメインビジュアル (C)ViuTV
1 / 2
ドラマ「おっさんずラブ」の香港リメーク版「大叔的愛」のメインビジュアル (C)ViuTV

 俳優の田中圭さん主演で、2018年に放送された連続ドラマ「おっさんずラブ」(​テレビ朝日系)の香港リメーク版「大叔的愛」の本編が完成し、動画配信サービス「TELASA(テラサ)」「テレ朝動画」、CSテレ朝チャンネルで今秋から配信・放送を予定していることが6月24日、分かった。

 「おっさんずラブ」は、女好きだけどモテない独身男子・春田創一(田中さん)が、ルームシェアをすることになった後輩男子・牧凌太(林遣都さん)と、乙女心を持つ部長・黒澤武蔵(吉田鋼太郎さん)という2人の男性に告白される……というラブストーリー。

 「大叔的愛」は、原作に、香港版オリジナルのエピソードを追加した全15話で構成。香港の人気ダンスグループ「MIRROR」のイードン・ルイさんが、春田創一にあたる主人公・田一雄、同グループのアンソン・ローさんが、牧凌太にあたる凌少牧を演じる。また、香港の人気俳優のケニー・ウォンさんが、黒澤武蔵にあたるKK役を務める。香港では、6月28日から現地のテレビ局「ViuTV」で放送がスタートする。 

 「大叔的愛」のプロデューサーは、2月に「ViuTV」で開催されたイベントで、「人気の日本ドラマ『おっさんずラブ』をリメークする機会を得て、大変うれしいですが、オリジナルの脚本が非常によくできているため、プレッシャーを感じています。香港版は人物と役柄の間の感情をより豊かにし、話数は7話から15話に増加、コメディー要素の誇張は継続させ、オリジナルを見ていた視聴者にも新鮮さを感じてもらい、新たに楽しんでもらいたい」と意気込みを語っていた。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る