おかえりモネ:亜哉ちゃんの“恋の大逆転”明らかに! 強烈な“啖呵”に「すがすがしい!」「最高にスカッと」

連続テレビ小説「おかえりモネ」のワンシーン (C)NHK
1 / 1
連続テレビ小説「おかえりモネ」のワンシーン (C)NHK

 清原果耶さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おかえりモネ」(総合、月~土曜午前8時ほか)第30回が6月25日に放送され、若かりし頃の亜哉子(鈴木京香さん)の“恋の大逆転”の詳細が明かされた。

 ライブハウスでトランペットを吹いていた頃の耕治(内野聖陽さん)はかつて、田中(塚本晋也さん)に「音楽やるやつは、陰とか、傷とか、不幸とかを背負ってねえと色気は出ねえって……」と愚痴をこぼしたという。すると、亜哉子が突然やって来て、「正しくて、明るくて、ポジティブで前向きであることが、魅力にならない世界なんてクソです!」と強烈な啖呵(たんか)を切る。

 続けて亜哉子は、「どこまでも明るい、吹いている楽器まで明るいこの人は、最高にすてきです! 陰が魅力だとか、不幸が色気だとか、そういう安っぽい価値観で汚さないでください!」と告げ、その日以来、亜哉子と耕治は“ニコイチ”と呼ばれるくらい仲良くなったという。

 SNSでは、亜哉子の言動に対して、「すがすがしい!」「亜哉子さんの『クソです!』が最高にスカッとさせてくれたなー」「亜哉子さんの言葉にグッとくる」「『クソです!』という言葉が、こんなに魅力的に響く日がこようとは思わなかった」「全肯定で大逆転!」と大いに盛り上がった。

 「おかえりモネ」は、「透明なゆりかご」(NHK、2018年)、「きのう何食べた?」(テレビ東京系、2019年)の脚本家・安達奈緒子さんによるオリジナル作品。宮城県気仙沼生まれのヒロインが、同県の登米(とめ)で青春を過ごす中で、気象予報士の資格を取り上京。民間の気象会社に就職し、天気予報にまつわるさまざまな経験を積み、そこで得た経験をもとに故郷に戻って、人々に貢献する物語だ。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る