清水尋也:手の甲に記された“罪”と“罰” 映画「東京リベンジャーズ」 ハンマの“圧倒的強者”な現代の姿

映画「東京リベンジャーズ」でハンマを演じる清水尋也さん(C)和久井健/講談社 (C)2020 映画「東京リベンジャーズ」製作委員会
1 / 1
映画「東京リベンジャーズ」でハンマを演じる清水尋也さん(C)和久井健/講談社 (C)2020 映画「東京リベンジャーズ」製作委員会

 俳優の北村匠海さん主演で、和久井健さんの人気マンガを実写化した映画「東京リベンジャーズ」(英勉=はなぶさ・つとむ=監督、7月9日公開)から、清水尋也さん演じるハンマの“現代の姿”が公開された。手の甲に「罪」「罰」という文字が記され、“圧倒的強者”の雰囲気を醸し出している。

 映画は、「新宿スワン」などで知られる和久井さんのマンガ「東京卍リベンジャーズ」(講談社)が原作。壁の薄いボロアパートに住むフリーターの花垣武道(タケミチ、北村さん)はある日、元恋人の橘日向(今田美桜さん)と、その弟・直人(杉野遥亮さん)が、関東最凶の組織・東京卍曾に殺害されたとニュースで知る。事件を知った翌日、駅のホームで何者かに背中を押され線路に転落した武道は、不良学生だった10年前にタイムスリップしてしまう。日向を救うため、逃げ続けた人生を変えるため、武道は東京卍曾に挑む……というストーリー。

 ハンマは、タケミチがタイムリープした先で、東京卍會の対抗組織である愛美愛主(メビウス)の幹部・キサキ(間宮祥太朗さん)と共に行動する謎の不良。現代での所属は不明で、現代のタケミチが衝撃的な体験をする現場に居合わせる。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画