早乙女太一:「カムカムエヴリバディ」で朝ドラ初出演 深津絵里にちょっかいかけるミュージシャン役

2021年度後期のNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」に出演する早乙女太一さん
1 / 1
2021年度後期のNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」に出演する早乙女太一さん

 俳優の早乙女太一さんが、女優の上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さん主演で、2021年度後期に放送されるNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」に、ミュージシャンの通称・トミー役で出演することが7月15日、分かった。早乙女さんは朝ドラ初出演となる。

 トミーは、深津さん演じる“2代目ヒロイン”るいをとりまく人物として大阪編に登場する。木暮洋輔(近藤芳正さん)の営むジャズ喫茶を拠点に活動するミュージシャンで、追っかけのグルーピーもいてアイドル的な人気がある。クリーニング集配に訪れるるいにちょっかいをかけてくるかなり調子のいい男……という役どころ。

 早乙女さんは「この作品に出演させていただくことになり、とてもうれしく思います。ミュージシャンの役どころなので、既に楽器の稽古(けいこ)に苦戦しておりますが、なんとか頑張りたいと思っています。激動の時代を必死に生きるミュージシャンを、誠心誠意務めたいと思います」とコメントしている。

 「カムカムエヴリバディ」は、朝ドラ史上初の3人のヒロインが織りなす100年のファミリーストーリーで、昭和、平成、令和の時代に、ラジオ英語講座と共に歩んだ祖母、母、娘の3世代親子を描く。上白石さんは祖母の安子役、深津さんは母のるい役、川栄さんは娘のひなた役として、バトンをつなぐ。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る